#32 どんな男にも奢らせるための小悪魔テクニック

皆様、お久しぶりです。タカコです。

突然ですが、私はデートというのは「男が払って当然」と思っております。

女性は、美容にお金がかかるものなのです。それに女性の旬は短いのだから、貴重な時間を捧げている限り、男性が食事代くらい払うのは当たり前ですよね?

そもそも誘ったのは、男ですよね?

誘ったからには、男が食事代を払うのは当たり前じゃないかしら。

それに、将来のことを考えてください。

結婚して、妊娠したら、男手一つで、一家全員生活していかなければならないのですよ?そんな時に、初めてのデートで食事代も出さない男が、一生養ってくれると思いますか?

それなのに、この記事、読んだことあります?
https://note.mu/kodatakashi/n/nd049506912ca

もう、ひどいの。ちょっと引用するわ。

婚活において奢らないことには、財布のお金が減らない事に加えて、大切な効果もある。奢られるのが当たり前の女というのは、いわゆる「Taker」なのだ。自分のために誰かがオモテナシをしてくれることを当然だと思っている。そんな女と結婚することになれば、婚約指輪、結婚指輪、結婚式、新婚旅行、豪華な家に、豪華な家具を欲して、貴方のお金を当たり前に湯水の様に使うだろう。そして、当然の様に仕事を辞め、貴方だけが働くのは当然だと主張するだろう。彼女としては、貴方が奢られることと同じ様に、全てやってもらうことが当たり前なのだ。子供ができれば、自分の様にチヤホヤして育てたいと言い張り、貴方の小遣いを極限まで減らして、自分の愛する子供のために全てを費やすだろう。貴方は奴隷の様に文句も言わず働き、何の息抜きも出来ないまでにむしり取られていくことになる。
怖い話ですが、これは世間に当たり前の様に見られる景色だ。だけど、この全ては、男が「最初に奢った」ことが元凶なのだ。もちろん、家庭を持つ予定はなく、良い女をスクリーニングする必要がなく、お金に余裕があれば、遊びだと割り切ってバンバン奢っていければいく手もある。奢って遊ぼうが、ソープランドで遊ぼうが、それは貴方の自由だからだ。ただ、婚活目的で良い女を探そうと思ってアポを重ねているならば、本命候補こそ、奢ってはダメだということを認識して欲しい。これも、一生お金から自由になる大切な方法だ。読者の皆様には、バランスの良い金銭感覚を身につけて、一生の伴侶になる素敵なお嫁さんを見つけてもらいたいものだ。

バカじゃないの!

昔から、男が稼いで、妻や子供を守っていくなんで、当たり前のことじゃない。

それを本命の女だからこそ奢らない?

信じられないわ。

私は、最初のデートは、絶対に男に会計はさせなければならないと思っております。だから、今日は「どんな男にもご飯を奢らせるための小悪魔テクニック」を公表するから皆様参考にしてね。

1.ありがとうを伝える

まずは、「ありがとう」を伝える。これが大事ね。

とにかく、最初から最後まで、「連れてきてもらった感」を出すの。

男性がお店を選んでくれるから、

「わ~♡ こんなところ初めてです♡」

「これ、頼んでもいいですか?」

「美味しい~♡ 連れてきてくださってありがとうございます♡」

と、男を乗せておくのよ。

男は上機嫌になって、色々語ってくるけど、基本的に聞き流しておけばOKよ。

普通は男が出すのが当たり前なんだけど、万が一お金を請求してきそうになったら、すぐに「ありがとうございます♡」と言っておけば大丈夫。

2.会話中に布石を打っておく

男性は、目の前の女に、良く思われたいと必死な生き物です。

だから、そのプライドをくすぐってあげることが大事よ。

どんな男が、好きか嫌いかの話ってあるでしょ?

この時には、こんな風に言うのよ。

「私、器が大きい人が好きです♡」

「すごくケチな人とかみると、もったいないなって思います♡」

といった具合にに、直接言わずに、相手に気付かせる言い方をするの。

そうすると、相手も喜んで奢ってくる生き物なの。単純ね♡

3.思わせぶりな態度を取る

この続きをみるには

この続き:1,621文字
記事を購入する

#32 どんな男にも奢らせるための小悪魔テクニック

タカシ

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆さまのサポートは、よりハイレベルな情報を発信するための経験に活かします。

ありがとうございます!
3

タカシ

週刊デュアルライフ

仕事(本業や副業)、お金(投資や節約)、恋愛(婚活・家庭生活)、ライフスタイル(二拠点生活・旅行・趣味)の四つの分野を面で底上して、毎日を楽しむための情報・ノウハウを発信するためのマガジンです。 何が起こるかわからない現代において、卵を一つのカゴに盛るのは危険です。複数の...