#32 どんな男にも奢らせるための小悪魔テクニック

皆様、お久しぶりです。タカコです。

突然ですが、私はデートというのは「男が払って当然」と思っております。

女性は、美容にお金がかかるものなのです。それに女性の旬は短いのだから、貴重な時間を捧げている限り、男性が食事代くらい払うのは当たり前ですよね?

そもそも誘ったのは、男ですよね?

誘ったからには、男が食事代を払うのは当たり前じゃないかしら。

それに、将来のことを考えてください。

結婚

もっとみる

【ドケチな金持ち】「稼いでんだから奢れよ」は善か悪か

こんにちは!

しがない美大生やみこです!

今回は「稼いでんだから奢れよ」問題についてお話ししていきます。

みなさんはお金持ちであるはずの人に割り勘を提示されて困惑した経験はありませんか。

わたしもこれまで自分より収入の多い人に対して発言はせずともこのような感情を抱いてきました。

しかし、逆に自分が同じようなことを言われるとおかしいなという気持ちになったり。

今回はこのコンプレックスを解

もっとみる

本当に割り勘は素晴らしい行為なのか?

デートなどで、女性に奢ったりすると、
「いいえ!割り勘でお願いします!」
と頑なに、奢られる事をアレルギー反応的拒絶したりする人がいます。
逆に奢る事が罪悪に思ったりする方もいます。

奢られる側と関係性を作りたい

接待がそうですね、「取引してもらいたい」という、裏心があるから、男女間でもありうる話です。

奢られる側がどの様な対応をするか?観察されている

どの様な態度をするか?観ています。

もっとみる

男性からしてほしいことを全部自分でしてみた話

一般的に、わかりやすくて派手な感じの、男性からしてもらって嬉しいことといえば、素敵なレストランで美味しい料理をご馳走してもらうとか、宝石など高価なものを買ってくれるとか、素敵な場所へ旅行に連れて行ってくれるとか、そういうことが挙げられるかと思う。

数年前、上記のようなことを全て意識的に自分で自分に向けてやってみた事があった。

それは、2回目の大掛かりな断捨離の後だった。ひょんなことから、高層マ

もっとみる

先日バーで見た光景(奢り方、奢られ方)

先日のお休みにとあるバーに行った時に目にした光景が印象的でしたので本日はそれについてです。以前バーのマナーについて書いたことに当てはまることが多かったので。要はツッコミどころ満載の案件に出くわしたということですね(苦笑)

 私が入店した時そのバーは満席近くで、私はカウンターの中ほどの空いているひと席に通されました。左隣に男女のカップル?右隣に常連さんグループ。

 ひとりで訪れたため、バーのスタ

もっとみる

奢るべきか割り勘か

今日はデートに行った際に奢るべきなのか、
割り勘にすべきなのかについてお伝えします。

マッチングアプリの女性のプロフィールを見ていると
「相手と相談して決める」
「男が多めに払う」
「男がすべて払う」
など言葉が並んでいます。

これらを眺めていると男はどうすればいいのか
わからなくなりがちです。
せっかくマッチングしてデートまでこぎつけたのに
最後の会計の時にもたつくのはスマートとはとても言え

もっとみる

奢る奢らない論争への恋愛工学的解答

こんにちは。オンクです。

今週もよろしくお願いします。

奢る奢らない論争の本質とは

第17号ではいつの間にか出題される女からの中間テスト傾向と対策について説明しました。

もちろんこれで8割は抑えているのですが、ひとつだけとても重要な中間テストが残されています。

お会計です。

お金というのは、もっとも人の価値観が現れる部分のひとつでもあります。奢る奢らないについてはこれまで多くの議論がな

もっとみる

奢る奢らない論争への恋愛工学的解答

こんにちは。オンクです。

今週もよろしくお願いします。

奢る奢らない論争の本質とは

第17号ではいつの間にか出題される女からの中間テスト傾向と対策について説明しました。

もちろんこれで8割は抑えているのですが、ひとつだけとても重要な中間テストが残されています。

お会計です。

お金というのは、もっとも人の価値観が現れる部分のひとつでもあります。奢る奢らないについてはこれまで多くの議論がな

もっとみる

なぜ、女性とのデートは男が全額おごるべきなのか?

男女間論争の永遠のテーマといっても過言ではない「奢る、奢らない」問題。

 最近みつけた下田美咲さんの「cakes」の連載に、「奢ってくれないと困る。あなたのことを性的な目で見たいから」という記事がありまして。

 これまで見てきた女性目線の「デート代は男に奢ってほしい論」の中で、もっとも共感できて、かつ男性に救いを与えてくれる視点だったのでここで紹介します。

奢ってくれないと甘えられなくなる

もっとみる

職業、女。#6 20代女が「奢ってほしい」から卒業する瞬間

私「美味しいですねぇ」、男性「美味しいですねぇ」、私「美味しいですねぇ」……って、会話成り立ってないぞ!?

 当時22歳の私は、5歳上の商社マンと恵比寿にあるタイ料理店で、激辛料理と格闘しながら汗ばんでいた。なぜ彼は「美味しいですねぇ」しか発さないのか、と脳は冷静に回転している。

 楽しくない、気詰まりな2時間だった。会話は全然弾まない。彼は私が口にした何かをオウムのように繰り返すだけ。

 

もっとみる