こいしゆうか

イラストレーター、キャンプコーディネイター ズボラソロキャンパー。tent-Mark Designとコラボのオリジナルテント"PANDA”は、女性でもカンタンに設営できるテントとして好評発売中。著書に「そうだ、キャンプ行こう!」や「カメラはじめます!」がある。

つりとキャンプのムックを編集しました。

(めちゃくちゃ長文です。お時間あるときに読んでいただけたらうれしいです。)

ここ数ヶ月ずっとこのムックを作るために奔走してました。

with camp(わたしが所属してるユニット)のHPやツイッターではさらりとかっこよく「できたぜ!雑誌つくったぜ!つりとキャンプだぜ!」と述べていますが、これが無事発売されるために、本当に心も体も時間も人間関係も全てすり減らして、ちょっとだけ寿命縮まったんじゃな

もっとみる

「女子キャンプ」ができるまで、そして今後。

今や当たり前になった「女子キャンプ」という言葉。一体なぜ”こいしゆうか”が発起人なのか、そこに至るまでどういうストーリーだったのか。

まだその名前がなかった頃、「女子キャンプ」という名前をわたしがつけて10年が経ちます。それから「女子キャンプ」発起人として、雑誌やTV、ラジオなどで「女子キャンプ」とはなんなのか、どういうことなのかを説明をしてきましたが、どこかにまとめて掲載しなきゃなぁと思ってい

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(17:05)は購入後に視聴できます。

焚き火ラジオ第3回目はキャンプ界のスーパースターなあのお方がゲストに出てくれてます。
あとはこいしの「ここだけのお話」2019年こいしゆうかの仕事について触れてます。

2018年お仕事まとめ

2018年のお仕事をまとめようと思います。

フリーランス10周年目です。

いい意味で前を見て進んできたので(悪い意味では言わない)、これまでのまとめはありません。この10年のざっくりとしたまとめもいつかやらねばいけないのですが、とりあえず思い出しやすい2018年を振り返ります。

私の仕事は、イラストレーター、漫画家、キャンプコーディネイター・プロデュース、TV番組ラジオの出演などなど多岐にあ

もっとみる

「甘木唯子のツノと愛」

二回読んだ。お風呂で読んだら帯がへたれた。

圧倒的、っていう表現がそのまま。

圧倒的。

全部で3話。

1話、2話はわかりやすいから、その絵のいまにも動き出すようなアニメーションのような線に圧倒される。

作品の大部分を締める「ツノと愛」の3話は飛んでいる。

あと5回くらい読まないとならない。

だれか翻訳してくれ。いや、やっぱいい。

漫画家の久野遥子、何者と思ったら

アニメーション作

もっとみる

「今日が地獄になるかは君次第だけど救ってくれるのも君だから」

実在する高校生か大学生かが、リアルな自分の恋愛の出来事を毎日1pずつ描いているんじゃないかってドキッとする漫画。

インスタグラムでブームになったという作品。

こんなのわたしが高校生だったら悶え死んじゃう。

大人でよかったー。

しかし何歳になっても、

恋愛至上主義者には痛くもせつないではなかろうか。

少しだけ抜けていて、おしゃれな絵もまたよき。