見出し画像

情報の届け方

毎日のように様々な事が起きて、既存のやり方や常識がアップデートされている中、自分の持っている情報(知識)の価値が世の中の影響で上昇したり、下降したりしている。

例えば、僕が持っている「採用の知識」は採用難のご時世で恐らく重宝される部類の知識に入る。でも、それはごく最近のことで10年前はきっと今より重宝される事はなかったはず。採用難を越える為に様々な採用の価値観やプロダクトが出て、採用はデジタルマーケティングに近い部類に入っている。でもデジタルマーケティングとは反対に「ヒューマン」な価値観を大切にした採用手法に注目が集まっている事も事実。(だから僕はリファラル採用を推進する組織にいるのだが)

僕が持っている「採用の知識」の中でも特に「アルバイト領域」については特にマーケティング要素がとても強く、これを抑えればアルバイト採用は「やらない」よりかは確実に良くなる。

色々な自社採用ページを拝見すると、「もっとここをこうすれば」「もったいないな」と思うことがある。上から目線ではなく「知らないからやっていない」という至ってシンプルなチャンスロスがそこにある。

今の僕は「リファラル採用」にどっぷりハマっており、「アルバイト採用」に関しての知識は新しいものは入れていない。でも僕の持っている「アルバイト採用」の知識や経験を採用に困っている方々や欲しいと思っている方々には誠に恐縮ながらお伝えしたい。お譲りしたいと思っています。

過去、年間30,000応募。5年間で150,000応募。この数字を獲得する為の施策を軽く思い返しても10や20ではない。もっとある。

成功事例、失敗事例。最も大切なマインドセットもお伝えしたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

小山剛史

リファラル採用クラウドサービス「Refcome」の開発・運営を行う株式会社リフカムに在籍。でも、こちらでは組織を飛び出して「採用」に関する発信をしていきます。採用コンサルタント(新卒採用・中途採用・アルバイト採用)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。