希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席

 昨年の衆院選で希望の党公認で当選し、国民民主党結党時に無所属となっていた小川淳也衆院議員(香川1区)が10日、立憲民主党・市民クラブへ加入する会派届を提出した。

 小川議員は民進党(民主党)時代には安保法案に反対し、外国人参政権付与にも賛成していた。これらは希望の党が公認の条件とした政策協定書に反していたが、これまでの主張を翻し公認を受け比例復活で当選している。

 希望の党の比例で復活当選しながら選挙直後の両院議員総会では、衆院選の結果責任を取れと小池百合子氏に進退を迫るなど、非常識としか言いようのないふるまいを見せていた。そもそも希望の党合流を画策した前原誠司を代表にした最側近がこの小川議員であるにもかかわらず、よくも衆院選大敗の責任を問う側に回れたものだ。

 さらに非常識なのが、立憲会派入りを表明した当日、結党に参加しなかった国民民主党の玉木雄一郎代表を励ます会に出席し挨拶まで行いながら、この翌日の朝一で会派届を提出するために上京している。

小川淳也、最大の裏切り行為は共産党との共闘

この続きをみるには

この続き:490文字
記事を購入する

希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席

KSL-Live!

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

執筆活動のご支援をお願いします。

8

KSL-Live!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。