見出し画像

誰かのために作るビーフサンド

前の記事で「ゴードン・マッタ=クラーク展」について書いた。

その関連のフードイベントが、会期に合わせて開催されていて、私は最後の回を予約していた。

企画展の会場ではなく街中で継続するイベントがあること、ビームスと東京都国立近代美術館が手を組んだこと。それに新しさを感じたのが参加した理由だ。

しかし、何をやるのかはわからない。「出張料理人:岸本恵理子さん」が腕を振るうということ以外は。

料金も決まっていないので、まるでミステリーツアーのような印象だった。

そして迎えた当日。
幡ヶ谷のカフェ「paddlers coffee」で、
ビーフサンドを作ることになった。

なぜか?というと、こんな説明になる。

ゴードン・マッタ=クラークは、ポンピドーセンターに来た人に、ビーフサンドをふるまった。

それは単なるサービスではなく、かつてその地にあったものが、食肉市場であることをふまえたパフォーマンスだった。

日常の必要なものが、アートの権威に取って代わられる。そのことをアーティストが問うという形。

折しも日本では築地市場が幕を下ろそうとしていて、アートではないが、権威によって変容する過程を今見ている最中だ。

岸本さんはその辺りをふまえ、このイベントを考えたようである。

さて、当日のことに話を戻そう。

参加者は渡されたパンに、お肉や野菜を取ってサンドを作ることになった。その際、あげる誰かのことを思い浮かべて、というオーダーつき。お持ち帰りの手作りの箱もついてきた。

さて、誰にあげたいか。
家族、友達……色々考えたがしっくりこない。

あげるなら別のものが良いからだ。

しかし誰かのことを考えねば……くっ……

迷った挙句、決めた。

私はゴードンのために作る。

彼がいなければ、この展覧会も、イベントもなかったから、感謝を込めて。お盆も近いし。

21世紀、極東の国でこんな風に思われるなんて、彼は考えつかなかっただろう。

もしゴードンが生きていたら、このビーフサンド、受け取ってくれるだろうか。

なんか多分妄想だけど、食べてくれそうな気がする。だって、面白いこと、意外なことが好きそうだから。それがアーティストだから。

と、そんなことを考えながら自分でおいしく完食。

楽しく、考えさせられる夜だった。

残念ながら展覧会は終了したので、インターネットで、ゴードン・マッタ=クラークをぜひ検索してほしい。なかなか、奥深いから。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートでさくらんぼのパフェを食べます🍒

🍒🍒🍒 恐悦至極です!夕紅錦をどうぞ。
7

kuu🍒

noteの中にむかしから住んでます。エッセイ、創作からイベントレポートまで幅広く書くひと。漫画と展覧会が大好き。マンガ新聞のレビュー、https://sheishere.jp/ の会員限定記事など執筆。

【イベントレポート】

興味があるもの、とにかくレポ。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。