大切なことすら気づけない自分の詩

詩を書くというのは別に何か大切なことをしているのではなく、大切なことすら見落としているのを見つける行為だとおもいます。
今日も、明日も、と惜しみつつまた次へいきます
-----

化石をつれて旅をする
 
 
 
妻のうたう子守唄に唱和していると
息子が妻にしがみついてねんねという

この歌を毎日歌っていたときに
こんな声を聞くとは思わなかったと感動しながら気づくのは
妻の子守唄を聞いたのは半年ぶりだと思いこんでいたこと

自分で眠りにつく息子のリズムを整えようと妻と話したとき
それからも歌われる歌を化石にしたとしたら
それからの僕の夜はどこに置いてきたのだろうか

子守唄すらも妻に歌ってもらうまで聞いた記憶がないと
自力で掘りおこすきっかけもつかめないらしく
いままでの僕の夜がどこの地層に取り残されたとしても
いまは一人でないと信じてまぶたをつむる

どこでもいいとなんども言い聞かせると見えてくるのは
行ったことのない湖でする三人のかげおくりで
つないだ手のひらに重なる爪の厚さまで
はっきり感じられるのが不思議だった

-----
✳いま書いている詩篇は、7月に開催されるポエケットにて本にしたいと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

妻と息子のいる通勤時間の詩集(仮題)

2016年2月生まれの長男と妻のいる生活を通勤時間に書いた詩です。 幸運なことに、家族と生活する時間を多くできる生活を行っています。この生活の中で見つかるものと、これまで生きていたことで見つけたことを日々書きたいとおもって作りました。 画像と、テキストで違う詩になっている...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。