「口を出さない」というのはけっこう難しい。

我が家の年長娘のランドセルをそろそろ決めなくてはならない。

やっと年長になったのにもう一年生の話か・・・と現実味がないぶんあまり気が乗らないのだけど、近年のランドセル戦争とやらはなかなか手厳しいので流れに乗っておかなければならない。

そして今の小学生のランドセルは色とりどりだ。だからこそ迷う。わたしだけが。


母のわたしがダメとは言いたくない。

娘は「うすいラベンダー色かみずいろがイイ」という。まぁ・・・ダメじゃない。いや・・・わたしがダメと言ってはならないのだろう。

でも心配なのだ。

多くの女子にはピンクブームのあとに寒色パステルカラーブームというのがやってくるらしい。

たぶん、娘はいまその真っ只中にいる。6年間、それを使うと思うとどうなのだろう・・・どうなのよ・・・。

しかし無難に赤にしておけば?なんて無難の意味もわからないだろうし、いま赤が無難かどうかと言われたらそういう時代でもない。

なによりいろいろ説得して変えさせたところでわたしがホッとするだけなのだ。娘のためでもなんでもない。わたし好みに塗り替えたところでなんの意味もないし、じぶんの経験上あまりそいうことはしたくない。


何かを決めるときに浮かぶのは母の顔

というのも子供にとって母親は絶対的な存在。「心配だ」から出てくる母親の助言が窮屈でさらにはそれが呪縛と感じることもある。わたしがそうだったから。

わたしの母は明るくて元気でポジティブ。だけどすごくまじめで厳しくて。

「 NO」と言われることがすごく多くて、何かを決めるときにもまず浮かぶのは母の顔。わたしがどうしたいかではなく、どういう答えをだせば母が笑顔で「YES」と言ってくれるか、というのが無意識に植えついていたと思う。

別に母に気に入られる答えじゃなくて、わたしがイイと思う答えを出せばいい。

それに気がついたのは大学生になって親元を離れたときで、答えを出す為に母に頼りすぎていたわたしほんとうのじぶんがいまいちわからなくなっていて。

だからいま、わたしの母が反面教師となっている部分がある。

でも、じぶんが母になってみてめちゃくちゃに共感できる部分もたくさんあるのだ。


子供に決めさせる勇気

たかがランドセル・・・なことかもしれないけれど、こうやって何かに迷っているときや決めるときにふと思い出すのはあの頃のわたしのこと。

でも、よし!子供に決めさせよう!と思ってもやっぱり子供に答えを出させる、口を出しすぎないというのはなかなか勇気のいることで。

これからもいろんな選択の連続で成長をしていく子供たち。わたしはどこまで黙っていられるかしら?

そうそう。ランドセルってそんなお安い買い物じゃないからね・・・と、スポンサーであるわたしの親に色の話をしてみたら、

「娘ちゃんがイイと思った色にするのが一番よ!」

ですって。えーーーーー!それってーーーーー!笑。

さて、来年の春には何色のランドセルを背負っているのかなぁ。おしまい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしい!シェアはもっとうれしくて脇汗が止まらなくなります。
88

みーこ

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

2つのマガジンに含まれています

コメント10件

ぱんだうさぎさん ありがとうございます(^ ^)わたしはお口チャックで娘に任せた結果、ラベンダー色迷わず選択、先日購入しました!本人も満足そうでここで本心を書いてよかったと思っています。
最後のオチに朝から笑いました!
我が家は2人とも水色を選び6年使いました。

高学年になったころ茶色にピンクや水色のラインのシックなデザインが出始め、
今やったらこれを選ぶ
と悔しがってましたが、誰かを恨みに思うとかはなく、自分で選んだランドセルには最後まで愛着をもってましたよ(´▽`)

自分で決めないと、ママが言ったから、ママのせい、周りのせいにする子になる気がします。
子供が保育のころに、私が決断を待てずイライラして私が決めてしまうことが多く、親に気に入られたいと親の顔色をみている次女にヤバイ!と気付いて、、、
私は口出ししないで待つこと、とにかく自分で決めること、そして決めたことの結果が気に入らないことになって、親に当たる次女と、何度もケンカして、親のせいじゃなく自分で選んだら自分の責任だよって話をしました。
そのためには、色んな面を良く考えて選んでねと。

失敗もたくさんあって買ったのに一回しか着なかった服とか。
それでも、自分で決めることというか自分で決めれる子にしたかった。
おかげで今じゃ親の頼りなさにダメ出しするしっかり自立した子に育ってます。
mimi211pepeさん とっても勇気のわくコメントをありがとうございます!失敗をしないで大人になるほうがよっぽど怖いですよね。自分の決断に責任をもつということを知ってもらうのは、なにも手を差し伸べるばかりじゃないんだと日々痛感させられています。また参考になるコメント、お待ちしてます!
パステルカラーブーム来た〜 私もそうだった、、、あいたたた。。。
子どもにあれこれ趣味を教えようとする前に、まず自分の趣味を見直せ。とシュタイナーの本にあり、納得したのを思い出しました。そうは言われても子どもの趣味はひどいし、自分の趣味は特にないのですよ。やっべ笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。