和菓子のエキスパート女子せせなおこさんと「廚菓子くろぎのかき氷」を食べに行った話


和菓子女子ことせせなおこ ( @nao_anko ) さんと、くろぎのかき氷を食べに行ったのだった。

せせなおこさんは、和菓子を日本中に広めるべく活動する「和菓子女子」。「せせ日和」にて、日々おいしい和菓子の情報を発信している女子。

せせさんオススメのかき氷が美味しい「くろぎ」に連れて行ってもらいました。

廚菓子くろぎとは

東京大学本郷キャンパスの近くに和風モダンなカフェを構える和菓子屋さん。建築家の隈研吾さんが手がけています。隈さんの建築って素敵だよね。

あと、かき氷を食べに東大に行くという背徳感がたまりません!

到着後、早速注文…に向かったのですが、結局選びきれず、かき氷をひとつずつ、わらび餅を半分こずつ。合計3つの甘味を注文しました!祝!頼みすぎ〜!

くろぎのかき氷。美味しい。ボリューミー!クリーミー!

黒蜜きな粉味。クリーム状のシロップとあふれそうなきな粉がたっぷり。

はちみつ奴味。なんと梅干しがトッピング。金箔もゴージャスです。

見たことのない大きさのかき氷が運ばれてきて唖然。シロップというより、クリームです。その上には、さらに小豆やきな粉がこんもりとトッピング。氷とクリームなのに和風の美味しさ!

それにしても、かき氷でお腹が苦しくなったのは初めて…。恐るべし。くろぎ。

ちなみにかき氷のバックでシャッターチャンスを伺うのはせせさんです。

本丸・わらび餅がいよいよ登場!

ここでわらび餅の登場です!!!!!!

ロゴマークの形をした器がニクいね〜〜〜!!

真っ黒な色は、本蕨粉で作られている証なんだって。(せせさんにその場でレクチャーしてもらった豆知識。)

最&高に美味しい〜!。

わらび餅チラ見せショットに萌えすぎて、全然こちらにお披露目してくれないせせさんをどうぞ。

そんなせせさんをおさめたくてたまらず、うろうろうろうろした私でした。

せせさんに和菓子の話を聞かせていただきながら、美味しいわらび餅を摂取していきます。

動画内では、色の濃いきな粉は大豆を眺めに煎る「深煎り」という手法で作られている。と教えてもらっています。京都の和菓子などによく使われているそう。

アツい夏は、くろぎの涼しいテラス席でわらび餅やかき氷を食べると幸せだね。

ポイントは、欲張りすぎないこと!かき氷とわらび餅はシェアしてひとつずつをオススメします。

また楽しいかき氷に出会ったらご報告をさせていただきますね。

せせさんの和菓子メディアはこちら☞「せせ日和

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート超よろこび〜〜〜!!自分の絵と文章でもっと食べていきたい!

6

manaty

私個人がどんなことを考えているか

毎日毎日考えてることがコロコロ変わっているので、忘れないように。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。