抜本的改革

化粧も落とさず着替えもせずに、明け方頃に眠り、身も心もドロドロになったような気分で目が覚めた。

新しい日が始まっているのに、昨日と地続きということが起きた瞬間からわかる。それは、風呂にも入らずベッドに突っ伏したことと、蛍光灯を付けっ放しで朝を迎えたことが原因である。

このドロドロのヘドロのような体を無理矢理に叩き起こし、すべて脱ぎ捨てて熱いシャワーを滝行の僧侶のごとく浴びるのが、ここ最近の定番、ファッション誌風に言うならば新スタンダードと言ったところだろうか。(実際、今月のファッション誌GINZAのキャッチコピーにそう書いているので真似した。)

昔、「暇すぎて一日に歯磨きを5回もした」とか言うCMがあって、暇ぶりがわかりやすくていいなあ、と思ったし、5回も歯を磨いたら歯茎に悪いんじゃないかと心配になった。

私は昔から変わってるだの、変人だの言われてきたけど、いやいや、まだまだ、全然変じゃない、むしろマトモ。私ったら何も狂ってない。狂ってからが勝負なのに、まだ勝負も出来てない。これまで作ってきた私の腐った根性がそうさせている。

ドロドロが排水溝に流れていく。流れていく様をみていると私は生まれ変わったような気になるが、気になっているだけではなく、本気で生まれ変わらなくてはならない。腐った根性を焼き捨てて心新たに狂わなければならない。

世間体を全く捨ててしまうほかない。リスクをもっと背負わなければならない。自分にもっと投資しなければならない。抜本的改革を始めよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願い致します。マガジン「一服」の資金に充てます。

ありがとうございます!
11

𝚖𝚊𝚘 𝚗𝚊𝚔𝚊𝚣𝚊𝚠𝚊

カメラマン、エッセイスト。1988年生まれ、東京都出身・在住。写真を撮ったり、文章を書いたりしています。フィルム写真とともにブログ「record of tokyo」を日々更新中。お仕事のご依頼はお気軽に。

record of tokyo 5

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。