笑いをこらえるのに必死だった『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』

2019年公開映画90本中88位。

ちょwwwww
こいつはやべえ映画だったwwwww
こんなにまで動物の顔が雑すぎるアニメは初めて見たわwwwww

開始5分ぐらいで現れたカワウソ?イタチ?
みたいな動物の顔がひどすぎて、
生まれて初めて「あ、この映画もうダメかも」
って思っちゃった。
開始5分で、しかも判断材料が動物の顔のみ。
そんなことありえる?って。
ありえるんだよ(笑)
僕自身びっくりしてるけども。

そのあとも、いろいろひどいというか、
既視感しかないなっていう展開で。
原作となったスマホゲームは未プレイだけど、
ゲームの世界から数年後の設定で、
現実世界に生きる女の子が、異世界に召喚されてしまう話。
(この時点で、もういろんな要素含んでいる気がするけど)

そこでは、ファントムと呼ばれる過去の英雄の霊を召喚して敵と戦い、、、
って、「あれ?英霊?Fate?」ってなった(笑)

他にも、『鋼の錬金術師』、『幽☆遊☆白書』、
『モンスターストライク THE MOVIE』、『あした世界が終わるとしても』、
『コードギアス 反逆のルルーシュ』、『サマーウォーズ』、
『ファイナルファンタジーX』
などで見たような設定やら世界観やらが押し寄せて来るから、
情報がいろいろてんこ盛りすぎた。

映画から入ったせいか、話の前提がよくわからないまま、
いきなりたくさんのキャラクターがドバッと出てきて、
聞くも恥ずかしい中二セリフをいけしゃあしゃあとのたまうから、
「誰だよおまえ、、、」って、
なんかもう笑うしかなくて。。。
物語の中に入れないまま、
命を賭けるだの、闇落ちだのってなっても、
薄っぺらく感じて、まったくハマれなかったな。。。
しかも、キャラクターの顔も何か薄く感じてしまい、、、
魅力がまったく伝わってこなかった。。。

いっしょに見に行った友達が、
ずっと肩を震わせて鼻すすってたから、
てっきり号泣してるのかと思って
「マジかよ、これでこんな泣くのか」とやや心配してたけど、
実はひとり爆笑してたと後で知って安心したわ(笑)

ただ、中二病の教科書ってぐらいにはオーソドックスなアニメなので、
きっと原作が好きだったり、もしくは自分が10代の頃だったら、
もっとこの映画を楽しめたと思う。

予告を見た限りだとすごく面白そうな映画だと思ったんだけど、
とにかく、動物の顔が雑すぎるのが一番の見どころでした。
ただ、プログラムが2000円という通常の2倍の設定なのが納得いかない。
(その分、分厚いけど。。。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。