スクリーンショット_2019-09-05_12

今のマッチング市場は何も変わっていない

タイトルにあるように、最近のマッチング市場は対して変わっていないと感じています。今回、著者は、Matching House 事業を最近スタートさせた運営の上野です。

今回ソーシャルとリアルに分けて考察したいと思います。ではまずソーシャルから。

究極のレッドオーシャンであるマッチングアプリ市場

さらにここから2つに大別します。

① サブスク型
 └ 王道マッチング
 └シチュエーションマッチング
 └従来のマッチングアプリの課題解決型
 └テクノロジー型
② 都度課金型

まずは ①のサブスク型マッチングサービス から。
王道マッチングとは何を指すかと言うと、omiai, tapple, pairs, tinder, withであるようないわゆるコンセプト定義型である。それぞれターゲット層を分けて市場を取りにいっています。
例えば、tappleなら比較的年齢層が若いところに対して趣味で会うようなカジュアルな出会いを演出しています。
omiaiなら、年齢層高めの結婚前提の比較的フォーマルな出会いを演出しています。

これが初期に台頭してきたマッチングサービスです。
ここから一貫して言えることは、カジュアルかフォーマルかといった恋愛に対する重さに言及していて、さらにはその結果ターゲット層に反映することになっているという構造です。
そうするとどうなるかと言うと、今度はターゲットや重さで差別化できなくなるので、今度はシチュエーションで市場を取りにいくことになります。

それが①の2つ目の シチュエーションマッチ型 です。
例えば、dineやjoin usといった飲みベースで出会いを作る方法や、CROSS MEのようにすれ違いとかもその類だと思います。
そして最近ではAIを利用したrabitや、デートの日程調整が難しいという課題に対してのDatingです。
一旦整理します。上にも書きましたがサブスクリプション型のマッチングサービスは大きく4つに大別されます。

- 王道マッチング型
- シチュエーションマッチング型
- 従来のマッチングアプリの課題解決型
- テクノロジー型

ソーシャルにおけるマッチングサービスは少しずつ変化はしていますが、「まじか!すげえ!」と言われるような大きな変化が起きていないことがわかると思います。
では2つ目の ② 都度課金型 についてです。
ハッピーメールやYYCがこの型に該当します。
正直、申し訳ないですがこの型は古いです。よく考えてみてください。
メッセージをするたびに料金が発生する。つまりそのサービスにのめり込んで、いろんな異性の方と連絡をとればとるほど課金されていくこの仕組みは、マッチングサービスの特性の逆をいってます。
じっくりメッセージを重ねて仲良くなっていくはずがそのメッセージを重ねることに対して大きな抵抗を作ってしまいます。
かといって、すぐにLINEなどのメッセージアプリに移行することを考えると、そのアプリの来訪率は下がるし、移行するためにはある程度メッセージを重ねないといけないことになります。だから私はこの都度課金型のモデルは今後廃れていくと考えています。

ではリアルはどうですか。もっと悲惨です。

全く変わらないリアルにおけるマッチング市場

まずはどんなサービスがあるか、有名なものだけ列挙します。

- 合コン
- 相席居酒屋
- ナンパ推奨型居酒屋・バー
- クラブ
- お見合い
- 街コン

どうでしょうか。ここ最近まったく変わっていないことに気づくのではないでしょうか。街コンなんて2004年からあるので15年前ですね。

IT領域でのマッチングサービスは少しすつですが多角化してきているの対して、リアル市場は小さく見積もってもここ10年は変わっていないのではないでしょうか。
マッチング以外の他のリアル、例えばホテルや不動産関連など徐々に変化をしているのに対して、リアルでの出会いに関しては遅れをとっています。
前まで人の車や家を借りるなんてありえなかったのが普通になりつつあります。
そしてこの状況を見て、新しいリアルにおける出会いのサービスを提供することにしました。
それがMatching Houseです。

新サービス "Matching House"

Matching Houseは、これまで出会ったことのない男女6人が一泊二日で生活を共にし、その生活から恋人を見つけることができる新感覚恋活・婚活サービスです。

まだスタートしたばかりですが、10年以上動かなかったリアルでの出会いの形に新しい兆しができました。
これが一年後には当たり前になります。
普通に、知らない人同士で、知らない人の家に泊まって二日間過ごし、交際を始め、婚約をする。
そんな、いまではありえないと思う話が一年後に当たり前になります。
最後はサービスの宣伝になりましたが、ぜひMatching Houseを利用して新たな出会いを体験してみてください。
以下からHPに遷移できます↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Matching House 運営

Matching House(マッチングハウス)の公式noteです。Matching Houseは、これまで出会ったことのない男女6人が一泊二日で生活を共にし、その生活から恋人見つけることができる新感覚恋活・婚活サービスです! http://matching-house.me
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。