5年前の自分へに送るキャリアに迷った時のアドバイス

もし5年前の自分にアドバイスするとしたら、どんなメッセージを伝えるか?考えてみようと思います。

ちなみに5年前だと、27歳のWeb業界2社目(4年目)の若者です。当時は、「これからもWebディレクターで良いのか?」「別の会社に転職しようか?」とか悩んでいた時期です。

結局は1年後ぐらいに別の会社に転職して、職種もWebディレクター→IA(情報設計)に変わるのですが、今から振り返ると「自分の中で経験したことがうまく消化→言語化できていなかった」「無意識に周囲と比べてしまって、自分のやりたいことがわかっていなかった」など振り返り・棚卸しができていなかったと思います。

まず見てほしいもの

ご存知の方も多いと思いますが、スタンフォード大学の卒業式での、スティーブジョブズのスピーチです。

「点と点をつなげる」「愛と敗北」「死」の3つのテーマについて話しているのですが、当時は「点と点をつなげる」ばかりに注目してしまってたので、他の2つについても深く考えてほしい(理解してほしい)と思います。キャリアは大事ですが、それ以外も仕事以外のことも同じくらい大事であると、声を大にして過去の自分に伝えたいです。

ちなみに日経さんから翻訳記事も出ているので、置いておきます。

今までやったことの整理してみよう

A4用紙とかで良いので、時系列にやったことをまとめ、それぞれの仕事について当時思っていたこと・現在の自分が思うことも書いてほしい。当時あまりワクワクしなかったことが、今の自分から見ると「あー、この時の仕事めっちゃ楽しそう!」とか、仕事の捉え方や見方が違っていて楽しく感じると思います。

あと、転職時に職務経歴書・ポートフォリオとかも必要なので、準備しておいてくれるとありがたいです。

自分のやりたいことを理解しよう

自分の場合は「やりたいことが3年周期ぐらいで変わる」ちょっと変わったタイプなので、マストでやってほしいです。

見ておいてほしい変数
・業務内容(職種)
・関わるプロジェクト、サービスの嗜好
・所属会社の規模、文化、フェーズ

当時はなんでも自分一人でやろうとしていて、ひたすら転職サイトの求人を眺めたり、やりたいことを書き出していましたが、もっと先輩/友人に相談したり、キャリアアドバイザーとかに相談してほしいと思います。要するに、一人では限界があると思うので、もっと周りに頼ってほしい!

あとwantedlyとかでもっと気楽に会社訪問とかしても、可能性が広がると思うので、良いと思います。

もし複数の選択肢があって迷っていたら、頭の中で考えているだけでなく、書き出して考えてほしい。なんとなく考えてしまうより客観的な手法だと思うので、迷ったらこれをしておいてほしいと思います。

もし自分の適正とキャリアの積み方に差異があったら

とても良い記事なので、ぜひ読んでほしいです。

最後に覚えておいてほしいこと

5年前の自分だと、周囲が順風満帆に見えていて「自分だけ悩んでる?」とか思っていて自分一人で解決しようとしていたけど、周りにもっと相談しても大丈夫だということ。

あと周囲からのアドバイスはもちろん聞いてほしいけど、必ずしもすべてを受け入れる必要はなくて、考えた上で自分に合うアドバイスを受け入れてほしい。特に社会人経験の長い先輩の意見は、重く受け止めてしまいがちなので、「言葉をそのまま受け止めず、自分の頭で考えた上で判断する」を心に留めておいてほしい。

キャリアのことは考えるの大変だろうけど、その先はきっと良い未来がひらけていると思うので、頑張ってほしい(応援)


と、、26歳の自分に向けてアドバイスしてみましたが、キャリアで悩んでいる方いれば良かったら、参考にしてください!

(終)

読んでいただき、ありがとうございます!
もし面白いと感じたら「♡」を押していただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、noteでいいなって感じた記事のサポートに使います🎉🎉🎉

明日も頑張って書きます!
2

プライベートな雑記

気づいたこと、思ったことなど
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。