電気にまつわるエトセトラinヤンゴン

その日、私はとても楽しみにしていました。

友人一家が、我が愚連隊の家にお泊まりに来る予定だったからです。

仕事から帰宅し、近所のタイ料理屋さんにデリバリーのお願いをして、ちょっとだけ部屋を片付けて、ウキウキ準備をしていると、冷蔵庫とエアコンのセーフガードが作動している事に気づきました。(要は電気の供給が止まっていて、電化製品が動いていない)

日本で暮らしていると目にすることのないセーフガードですが、ミャンマーの電化製品には大抵この機械がついています。電圧が極端に変化した時、その影響で電化製品が壊れるのを防ぐため、電気の供給をセーフガードによって止めるのが目的です。

日本では、電圧は常に一定の状態で供給されるため、セーフガードの出番はないのですが、ミャンマーの電気は場所や時間帯によって、電圧にかなりのムラがあるのです。

セーフガードの他にも、スタビライザー(電圧安定期)という機械を入れたり、UPS(非停電装置)を使ったりして、停電や電圧の上下に対応しています。

日本では、各家庭ではなく、供給側でこういった処理をしているのでしょうね。電気を使う、それだけの事に、技術と人員が多く使われていること、なかなか分からないですが、ミャンマーに住んでそのありがたみを感じます。

安定した電圧の電気が、常に供給されている事って、すごいんだな、と。

こういった装置を入れていても、その性能を上回るミャンマーの電圧の不安定さでミャンマーの電化製品はすぐに壊れてしまいます。ただし、電圧が原因の故障なら、壊れる箇所は決まっているので修理が可能です。

日本から持ってきたホームベーカリーを間違って変圧器を通さずに電源にさしてしまった時も、修理に出したらちゃんと直りました。

さてさて、そんな電圧が不安定なミャンマー、このセーフガードの作動はいつもの電圧不安定のせいなのかと思っていました。

しかし、オフィスで仕事をしていた夫に念のため連絡すると「それ、前に電気代払い忘れちゃった時と同じ症状だよ!」との事。

でも今月は電気代はちゃんと払っています。正直に言うと、電気代の請求書を発見するのが少し遅くなって、支払い期限には間に合わなかったんです。

でも、ちゃんと遅延の罰金も払って、領収書も手元にあるよ?!

大家さんに連絡すると、「人が行く」とのお返事。

そうこうしている間に友人一家が到着しましたが、どんどん電圧は下がる一方。

電気会社の人と思われる二人組も到着し、何やら色々調べ始めました。

領収書も見せて、「ちゃんと払ったよ!」と主張しましたが、セーフガードに問題があると言い出す二人組。

セーフガードをガチャガチャ修理(?)し、「冷蔵庫が大きすぎるからセーフガードが作動している」と謎の主張をして帰って行きました。

分かる、分かるよ…!電気工学科卒じゃない私でも分かるよ!

原因は、冷蔵庫じゃない!だって、家全体の電圧が下がってるから、エアコンのセーフガードも作動してるんでしょ。なんならその冷蔵庫、ちょっと前から使ってるけど問題ないし〜!!!

二人組が帰ってからも、ライトはどんどん暗くなってゆき、エアコンも冷蔵庫も作動しなくなり、せっかくのお泊まり会が無意味にムーディな雰囲気になってきました。

大家さんに再び連絡しすると、「明日行くね」との返事。

明日じゃ遅い!このままでは、冷蔵庫の中のものが悪くなってしまう…!日本から持ってきたハーゲンダッツが!日本から持ってきたシュレッドチーズが!

大家さんに「電気のオフィスは24時間営業だと聞いたので、なんとか今きてもらえないか」と連絡し、再び例の二人組がやってきました。

二人組は、状況をみて、おおもとの電源ぽいところをガチャガチャし、一瞬で電圧は復活しました。

セキュリティのおじさんには、「次から気をつけなよ」的なアドバイスをされ(いや、電気代払ってるから…)なにやら腑に落ちない感じではあったものの、電気があるって最高です。

早速エアコンをガンガンに効かせて、みんなで「Back To The Future」の映画を観たのでした。

今回の事件をまとめると、

・電気会社が、電気の支払いがされていないと勘違いしていた
・実際には遅延したが支払っている、遅延の罰金も払っている
・そのため電圧を弱くした(いっそのこと止めてくれれば分かりやすい)
・というか、電圧を弱くする前に確認して欲しい
・電力会社の二人組は、いったんは電気のおおもとを確認したものの
・セーフガードの問題だと断定し、セーフガードを修理(?)
・そして根本的な原因は冷蔵庫が大きすぎることだと断定
・実際は、電気会社がおおもとの電気を弱くしたことが原因
・おおもとをチョチョイといじったら電圧復活

電気を使うのも大変ですな。。。

ヘッダの写真は、エアコンのセーフガードが作動している状態です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2014年〜ミャンマー在住。IT企業を現地でやっている夫、現地のローカル幼稚園に通う3歳の息子と一緒に、日々アレコレドタバタやってます。サポート頂いたら、新しいモノコト探しに使わせて頂きたいです!

嬉しい!
6

マキコさんのミャンマーだより

2014年よりヤンゴン在住。現地でIT企業をやっている夫、現地のローカル幼稚園に通う3歳の息子と3人で暮らしています。日々移り変わるミャンマーについて、私が感じた事をアレコレ綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。