見出し画像

私なら桃を食べて、幕を下ろしたい。

ドクターとの会話

(最近ドクターがよく話しかけてきてくれて嬉しい…)

ドクター(以下D)「昨日○○(法人内の特養)で看取りをしたんだ」

私「そうなんですか。病院ではなく?へえ」

D「その人は最後にメロンを食べて、その後は延命治療せずそのまま看取ったんだよ。98歳。長生きしたね」

私「98歳!!長生きしましたね!!最後にメロンですか。その方にとって幸せだったかもしれないですね」

D「そうだね。メロンやバナナはその年齢の人にとって高級果物だからね。幸せだったんじゃないかな」

私「何でしょう。人生のいい最後の瞬間に立ち会えたような気がします」

(最近の老健の看取りは、点滴終了→そのまま看取りばかりだったからかな)

D「そう思ってくれるとうれしいよ」



最後に好物を食べて、人生の幕を下ろしたい。

私なら桃を食べて、人生の幕を下ろしたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ながと

言語聴覚士です。老健で個別リハビリ・集団リハビリ・介護予防を行ってます。もっと地域で働きたい!フリーで動きたいと密かな野望を抱いてます。小児~成人まで地域で支援していけるSTになりたい。

私は老健ST!!

1年目から老健で仕事をしていく中での本音や考え。若手なりに考えています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。