見出し画像

難しい言葉を使いたがる大人へ

ものすっごいアホなので、実は人の言っていることが半分くらいしかわかっていないときがある。(暴露)

最近は何だ、レバレッジ?みたいな言葉がよくわからなかった。たぶん、見返りとか余裕とか幅みたいな意味だと信じている。よくわからないけどレバレッジを効かせると良いことだけはわかった。

それはともかく、わたしがビジネス書を嫌う理由のひとつとして、謎の横文字が多いことが挙げられる。

何なら、サイバーに入社したときも同じことを思った。

「ピボット」とか「アジェンダ」とか横文字が飛び交うたびに、「転換」とか「予定」じゃダメなの?と何度首を傾げたかわからない。

わたしのなかで「ピボット」といえばクラシックバレエ用語で片足を軸にしてまわることだったし、「アジェンダ」はアメリカでは「スケジュール帳」という意味だし、ますます混乱した。

この、英語ともちょっと違う和製英語みたいなやつは何なんだ⁉︎ と。

しかし、言葉というのは不思議なもので、伝えるためにあるはずなのにみんな伝わらない言葉を使いたがる。

何故なら、ちょっとかっこいいからだ。

その気持ちはわからなくもない。わたしも中2のときにラノベで「俯瞰」という言葉を覚えたときは無駄に使いたがった。

でも、そんな言葉は響きは良いけれど、わかる人にしかわからない。

つまり、裏を返せば、やさしい言葉を使えば使うほど、より多くの人に届けられるようになるのだ。

わたしは普段から難しい言葉を極力使わないようにしている。

単純に語彙力がないというのも事実だが、難しい言葉を使って「すごい」と思われるよりも、とりあえず中身を読んでほしいからだ。

大前提、伝わらなくちゃ意味がない。

ターゲットを意図的に位の高い人たちや特定の業界に設定するなら良いけれど、もう、ものっすごい簡単な言葉で良いと思う。

そして、ものっすごい簡単な言葉を使うということは、ある意味で言葉に頼らないということでもある。

おそらく、難しい言葉というのは便利なのだと思う。

短い言葉のなかに、複雑な意味が詰まっていて、だから、簡単な言葉だけでそれを説明しようとするとき、「噛み砕く」という行為が加わる。

つまり、簡単な言葉だけで会話をする、というのは逆に思考することなのかもしれない。

難しい言葉で会話している人たちは、おそらくもう難しい言葉で会話している自覚もなくなってしまっているのだろう。

聞いている側も、「それ、何て意味ですか?」なんて話の腰を折るようなことをわざわざ聞いたりはしないしね。

でも、もしも広く伝えたいことがあるのなら、一段スイッと階段を降りて言葉を紡いでみてほしい。

難しい言葉は、思っている以上に届いていないよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは牛乳ぷりん貯金しましゅ

しゃいこう♡
232

ゆぴ(17)17歳クリエイター

永遠の17歳 | 新R25編集部→フリーのカメライター | 年齢に囚われず夢を叶える方法を発信中 | 根暗で繊細。生きにくい世界を文字で生きやすくしています

ゆぴの10分日記

帰り道の10分間で書く独り言のような日記。よわっちくても生きてるだけでえらいえらい!
5つ のマガジンに含まれています

コメント13件

わざわざすみません。

言葉づかいは、第一にどんな言葉を使うのかによって、第二にどんな言葉を使わないのかによって変わってきます。

片や見える所のおしゃれで、片や見えない所のおしゃれというわけです。

ようするに、体に合わないサイズの言葉を身にまとえば、そりゃブカブカかキツキツになるだけだとは思います。
難しく言ってる方に聞いた時がありました、その方は自分でカッコつけて難しい言葉使ってるだけだよ、と教えてくださいました、簡単にわかりやすく話をするのが一番です
すごくわかります。その感覚、歳をとって社会人経験を重ねたら変わると思っていたけれど、40代になっても変わりません。難しい言葉や新しいカタカナを使いたがる人は、「相手に伝わらないかもな〜」っていう想像力が足りないんだと思います。
私には「すべてのクリエイターは、自分のプロダクトに責任を持つ」という信念もしくは持論があります。物書きならば「言葉に責任を持つ」ということです。
そのため、私もよく難しい言葉や専門用語を使いますが、「かじって終わり」にはしません。必ず辞典を繰ったり検索したりするのはもちろんのこと、外来語(特に英語)であればその国の国語辞典=外国語辞典も参照して本来の語義を調べます。言葉の意味を知らずに使うことで「他人に揚げ足を取られる」ことほど恐ろしいことはないからです。
そして、学んだ言葉や概念の定義を「自分の言葉」で説明できた時、はじめて本当の意味で理解したといえます。私に言わせれば、難しい言葉や新しい言葉を使う時、読者と分かち合うべく「最初に説明する」ことは我々書き手の責務です。

例えば、レバレッジ(leverage)とは英語で「梃子(てこ)の作用」。レバー(lever:梃子棒)と支点だけで少ない力でも物が動く梃子は、同じ原理を持つ「滑車」と並ぶ人類最大の発明の一つといわれ、転じて「小さな元手で大きく儲ける方法」や「個人が集団に及ぼす影響力」の比喩としても使われます。😉
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。