ネットのアンケートをもとに「内閣支持率が高い」と言うのは全くの誤りです

最近、ツイッターの投票機能などで内閣の支持、不支持を問うアンケートが増えているようです。中には5万人も回答しているものもあって、なかなか高い支持率が出ていました。新聞やテレビ局が行う世論調査は回答数が1000程度ですから、5万人というのはすごく多いですよね。けれどそれはネットのアンケートの方が正確だということを意味しないのです。

世論調査で正確な民意を知るためには、単なるアンケートと違って「質問をかける対象者を有権者全体の中からランダムに選ぶ」というプロセスが必要です。これを「無作為抽出」と言います。

例えばお味噌汁の味見をするとき、かき混ぜないまま透明な上澄みをコップ一杯飲むのと、よくかき混ぜてから一さじ舐めるのを想像してください。どちらの方が正確な味見になるでしょうか。明らかですよね。この「よくかき混ぜる」というプロセスが「無作為抽出」に相当するわけです。

世論調査の回答数1000というのは、全国の有権者1憶人の中からランダムに選ばれた人たちの回答です。世論調査は平日の昼間、固定電話にかけるから対象が偏っていると言う人もいますが、これは完全な間違いで、今の世論調査には携帯電話も対象に含まれるし、土日を含む日程で朝9時ごろから夜10時ごろまでの時間、不在などの場合も最大6回ほどかけなおして行います。また無作為であることが徹底されるため、電話に出た人がそのまま回答者になるわけでもなく、家族に代わってもらうことだってあります。

それに対してネットのアンケートでは回答したい人だけが群がって回答するわけですよね。ですからそれは何万件の回答を集めたところで、かき混ぜないままコップで味見をしているのと一緒のことになってしまうのです。


★みらい選挙プロジェクトではいま、内閣支持率の変化に注目しながら毎週の世論調査を分析しています。フォロー歓迎です(・ω<)☆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで下さってありがとうございます。何か感じてもらえたなら嬉しいです。

23

マガジン2

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。