与党2553万票と野党4党2610万票の広がり

与党(自民+公明)、野党4党(立憲民主・共産・社民・希望)、維新の3つの勢力にわけて各自治体の得票率を調べました。下の地図は与党を黄色から赤、野党4党を水色から青、維新を緑から深緑として、最も高い得票率を得た勢力で塗り分けています。配色が濃いほど第二位の勢力に対するリードが大きいです。

全国での総得票数
  与党   2553.3429(万票)
  野党4党  2610.7819(万票)
  維新    338.7097(万票)

3勢力を評価した地図からは、西日本で与党がリードし、東日本で野党4党がリードする傾向が読み取れます。

なお維新は与党に対しても野党4党に対しても毛色が違う(例えば選挙協力の可能性が低い)と見て独立させていますが、得票率でリードする自治体は検出されませんでした。しかし大阪府内では第二位の勢力として与野党の配色に影響を与えています。

リードする自治体(市区町村)の数
 与党   1107
 野党4党    789
 維新      0

全国での総得票数では野党4党が与党を上回っていますが、自治体数では与党がリードする地域が野党4党よりも多くなりました。これは野党がリードする地域に首都圏などの人口密度の多い地域が含まれるためと言えそうです。

連絡先

Twitter : はる/みらい選挙プロジェクト@miraisyakai
Facebook : 三春充希(みらい選挙プロジェクト)
note: みらい選挙プロジェクト情勢分析ノート

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで下さってありがとうございます。何か感じてもらえたなら嬉しいです。

15

選挙・情勢分析・出口調査

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。