AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(2)

Adobe After Effectsユーザー向けの講座の第2弾。今回はフッテージ(クリップ)のインポートです。

マガジンはこちら。noteが追加される毎に値段が上がるので早期の購読がお得です。マガジンを購読すると、後から追加されたnoteも読めます。

定期購読も始めました。

素材のインポート

DaVinci ResolveのエディットページからFusionページに移動すると、再生ヘッドの一番上のクリップが「MediaIn」として開きます。

この場合、素材の解像度のドメインが作成されタイムラインの解像度にフィット。

エディットページの「インスペクタ」「ビデオ」タブ(サイズや位置など)の項目が処理された状態でFusionページに。

エディットページで適用した「OpenFX」「合成効果」はFusionページの後にかかります。

この順序は少し分かりづらいですよね…。

AfterEffectsのように素材をそのままソースとして使うには、「メディアプール」に読み込み「ノードエディタ」にドラッグします。

この後、素材の読み込み方の違いや静止画の読み込み、素材の整理や検索方法の違いなどを書いています。

この続きをみるには

この続き:3,323文字/画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンに記事が追加されるごとに値段がアップします。早期の購入がお買い得です。

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fus...

または、記事単体で購入する

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(2)

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
7

motionworks

AEユーザーのためのDaVinci Resolve講座

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fusion)に置き換えていきます。AEの操作も併記しているので1粒で2度美味しい感じです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。