AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(3)

AfterEffectsユーザー向けの講座の第3弾。今回はクリップの配置や編集機能です。

合成やエフェクトを追加する前に、クリップをレイヤーやノードとして配置する必要があります。いくつか注意点があるので、良かったらご覧ください。

マガジンはこちら。noteが追加される毎に値段が上がるので早期の購読がお得です。マガジンを購読すると、後から追加されたnoteも読めます。

定期購読も始めました。

素材の編集

まずは、素材の編集。

AfterEffects

AfterEffectsでは、フッテージをダブルクリックしてフッテージパネルを開き、イン/アウトボタンで素材の長さを決め、編集ボタンかコンポジションにドラッグして編集します。

「オーバーライト編集」ボタンは一番上にレイヤーを追加します。

「リップルインサート編集」ボタンは一番上にレイヤーに追加し、下のレイヤーを分割して後ろにずらします。

(リップルは全体の長さが変わります)

DaVinci Resolve(Fusion)

DaVinci Resolveでは、Fusionページに移動する前に「エディットページ」で素材を編集します。

「メディアプール」にある素材をダブルクリックすると、ビューアにロードします。

イン点とアウト点をキーボードの「I」キー「O」キーで設定するか、ビューアのイン/アウトボタンを押します。

タイムラインにクリップをドラッグして編集したり、「編集オーバーレイ」やキーボードショートカットを使って配置し、再生ヘッドをクリップに合わせ、Fusionページに移動します。

この続きをみるには

この続き:3,462文字/画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンに記事が追加されるごとに値段がアップします。早期の購入がお買い得です。

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fus...

または、記事単体で購入する

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(3)

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
5

motionworks

AEユーザーのためのDaVinci Resolve講座

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fusion)に置き換えていきます。AEの操作も併記しているので1粒で2度美味しい感じです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。