AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(7)

After Effectsユーザー向けの講座の第7弾。今回はマスクの機能についてです。

「マスク」は画像の一部分を切り取ったり、一部分のみにエフェクトを適用する場合に使います。

機能的にはアルファチャンネルやキーイングで特定の色を抽出して切り抜く動作と同じで、単一チャンネル画像(白黒)で切り抜く範囲を指定します。

キーイングと違う点は「パス」を作成して任意の形に切り抜くことができる点。

「パス」は自在に変形することができるため、キーイングできないものを切り抜く「ロトスコープ」や要らない部分を隠すための「ガベージマット」にも使用。

また「パス」を使った「マスク」はワイプトランジションの作成やグラフィックのシェイプを作る時にも使います。

「パス」はベジェスプラインなどを使って作成し「閉じられたパス」の状態か、ラインに太さがあるときに「マスク」として利用できます。

「パス」には単純な線の情報しかありません。

マガジンはこちら。noteが追加される毎に値段が上がるので早期の購読がお得です。マガジン購読後は追加されたnoteも読めます。

ほとんどのnoteが読める定期購読もあります。

マスクの機能

この続きをみるには

この続き:7,394文字/画像26枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンに記事が追加されるごとに値段がアップします。早期の購入がお買い得です。

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fus...

または、記事単体で購入する

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(7)

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアお願いします!
2

motionworks

motionworks notes

DaVinci Resolveなどオンライン編集/グレーディング/デジタル シネマ/デジタルビデオなどに関するデジタルマガジンです。現在リリースしているほとんどのノートをサポートしサイトアクセスキーも付く超お得なマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。