DaVinci Resolve 16 BETA新機能ガイド Fusionページの改善とResolveFX

FusionページはGPU処理で大幅に高速化。

Fusionページのエフェクトや3Dグラフィックを使う場合、ほとんどのページで高速化の恩恵があります。

不安定だったキャッシュの処理も改善。メモリー管理も最適化されています。

新しいResolveFXも追加。「オブジェクト削除」(Object Removal)では画面内の動くオブジェクトを削除。物体をマスクで囲み背景で埋めることができます。

アナログのTV/VTRのノイズを再現する「アナログダメージ」(Analog Damage)や色温度の変換が行える「色順応」(Chromatic Adaptation)、カメラの色ズレ(フリンジ)を修正する「色収差」(Chromatic Aberration)。(Studio版)

絵画のようなスタイルを適用する「スタイル変換」(Stylize)「ペンシルスケッチ」(Pencil Sketch)なども追加されています。(Studio版)

さらに、既存のResolveFXも改善。「ビューティ」「ブランキングフィル」では新しい調整方法が追加され、他の機能も大幅に改善しています。

ResolveFXの使い方などは以下のnoteをご覧ください。

カットページの詳細はこちら。

新しいスタンドアロン版のFusion

スタンドアロン版のFusion Studio 16がDaVinci Resolve 16と同時にリリースされ、Fusionページと同じく全てのUIの更新と機能改善が盛り込まれています。

この続きをみるには

この続き:7,093文字/画像16枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
記事が追加される毎に販売価格がアップします❗️早めの購読がお得です。

DaVinci Resolve 16 BETAのほとんどの新機能を日本語で解説。新しいツールの使い方なども書いています。 カットページ...

または、記事単体で購入する

DaVinci Resolve 16 BETA新機能ガイド Fusionページの改善とResolveFX

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
4

motionworks

motionworks notes

DaVinci Resolveなどオンライン編集/グレーディング/デジタル シネマ/デジタルビデオなどに関するデジタルマガジン。サイトアクセスキーも付くお得なマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。