AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(5)

After Effectsユーザー向けの講座の第5弾。今回は描画モードです。

AfterEffectsでは、レイヤーを重ねたとき「描画モード」(Blending Mode)で前景と背景の重ね方を選択します。

一方、Fusionでは画像の重なりを「Merge」ツールで処理。

マガジンはこちら。noteが追加される毎に値段が上がるので早期の購読がお得です。マガジンを購読後は追加されたnoteも読めます。

ほとんどのnoteが読める定期購読もあります。

描画モードの処理

AfterEffects

描画モードがレイヤーパネルに表示されていない場合は、画面下の「スイッチ/モード」ボタンをクリック。

レイヤー名の隣に「モード」が現れ、ドロップダウンで選択できます。デフォルトは「通常」

ドロップダウンはキーボードでも操作できます。

Shift+^(ハット)もしくはShift+-(ハイフン)

描画モードはカテゴリ毎に分割されています。

「通常(Normal)」カテゴリ

色や明るさの変化の無い処理。

・通常
・ディザ合成
・ダイナミックディザ合成

「減算(Subtractive)」カテゴリ

画面が暗くなる処理。

・比較(暗)
・乗算
・焼き込みカラー
・焼き込みカラー(クラシック)
・焼き込みリニア
・カラー比較(暗)

「加算(Additive)」カテゴリ

画面が明るくなる処理。

・加算
・比較(明)
・スクリーン
・覆い焼きカラー
・覆い焼きカラー(クラシック)
・覆い焼きリニア
・カラー比較(明)

「複雑(Complex)」カテゴリ

コントラストを強調する処理

・オーバーレイ
・ソフトライト
・ハードライト
・リニアライト
・ビビッドライト
・ピンライト
・ハードミックス

「差(Difference)」カテゴリ

画像の差による効果。

・差
・差(クラシック)
・除外
・減算
・除算

「HSL(HSL)」カテゴリ

ヒュー、サチュレーション、ルミナンスによる効果。

・色相
・彩度
・カラー
・輝度

「マット(Matte)」カテゴリ

マットの処理。

・ステンシルアルファ
・ステンシルルミナンスキー
・シルエットアルファ
・シルエットルミナンスキー

「ユーティリティ(Utility)」カテゴリ

マットに対する追加の処理。

・アルファ追加
・ルミナンスキープリマルチプライ

「マット」「ユーティリティ」はマットやアルファチャンネルの処理に使用します。

ここで注意点…

この続きをみるには

この続き:5,027文字/画像29枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジンに記事が追加されるごとに値段がアップします。早期の購入がお買い得です。

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座です。AEの使い方をDaVinci Resolve (Fus...

または、記事単体で購入する

AfterEffectsユーザーのためのDaVinci Resolve講座(5)

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
3

motionworks

motionworks notes

DaVinci Resolveなどオンライン編集/グレーディング/デジタル シネマ/デジタルビデオなどに関するデジタルマガジンです。現在リリースしているほとんどのノートをサポートしサイトアクセスキーも付く超お得なマガジンです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。