日付を考える。

日付の仕様を考える時の「要点」を書きました。

目次
■日付の仕様を考える際の要点
 1.両端と片端を使った日数計算
 2.実日と営業日
 3.応答日の計算
 4.うるう年の考慮
 5.サービスの適用期間と刻む単位
 6.サービスの適用期間と営業日考慮
 7.年日数を使った比率計算
 8.システム日付と業務日付
■日付の見せ方
 1.目的別の見せ方
 2.画面遷移時の考え方
 3.システム内部の持ち方と見せ方
■その他の検討点、問題点
 1.大小関係チェック

この続きをみるには

この続き:3,746文字

日付を考える。

むぎ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで頂いて、ありがとうございました(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)” みなさんに何か得るものがあったら幸いです。

ありがとうございます(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)”
3

むぎ

あとで読みたいnote

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。