Subba Factory - A

 ある朝目覚めると、自分が巨大な毒虫になっていることを発見した。
 そんな風に外圧的に、日常を辞めても良いという許可が欲しい。工場勤務の辛さを知っている人間がどれほど居るだろうか。俺はAIが人間様の仕事を奪うというなら、本当に早く奪って欲しい。俺が生きて居る間に奪って欲しい。朝は5時に起きる。5時に起きる生活のせいで、夜遊びは出来ない。まぁ特に酒を呑むのが好きな訳でも無いし、女に金を使える程の金も無い。でかいテレビとかゲーム機とかコンポとか、色々なよく分からん機能の付いた冷蔵庫とかは無い代わりに、俺は働き始めて金が入った際の最初の大きい買い物として、乾燥機付き洗濯機を買った。近所のコインランドリーには「汚れた作業着を洗うな」という旨の張り紙があって、食品工場で働く俺の作業着に大きな汚れは無かろう、関係なし、と思っていのだけど、ある日其処の家主らしき中年の女性に肩を叩かれ、無言で貼り紙を指差されたことがあった。乾燥機付き洗濯機を買おう、と思った。
 8時に帰り、作業着を脱ぐ、洗濯機に突っ込む。5時に起きる、取り出す、着る。インスタントコーヒーと何個かセットの袋詰めの菓子パンを押し込み、原付に乗る。工場に着く、着いたら荷物類をロッカーに詰め込み、移動して作業着の上から工場用の白衣やらキャップやらを付ける。朝のお話みたいなのがあって、持ち場に散開する前にうちの工場では工場員の相互チェックを行う。きちんと衣服類を着ているか、髪ははみ出ていないか。散開。極度のオートメーションにより、それぞれの受け持つ作業はほぼ「ボタンを押すこと」に統一されている。専門的技術は必要ない。俺たちに必要なのは、ボタンを押す・押さないという判断能力とボタンを押すための筋力だけだ。変化が無くては労働の意欲が薄れてしまうということで、担当箇所は日々シフトで変更される。昼まで、ひたすら流れて来た商品をチェックし、ボタンを押して送り出す。昼飯を食う。休憩が終わる。夜までボタンを押す。集合、作業報告。片付け。各々の電源を落とす、脱ぐ。荷物を持ち、原付に乗る。7時に工場を出る、買い物をする、8時に帰る。
 俺はボタンを押す。
 働き始めは、ボタンを押すという目の前の作業から、思考を逃す努力をしていた。様々なことを考えた。自分の欲求について。自分の過去について。生について。性について。隣でボタンを押す男の一生について。向こうに見える女性の家庭環境について。工場の汚さについて。流れて来る商品の生きていたときのことについて。今ここでこれをやる俺について。ボタンを押すという行為について。ボタンを押すことについて。ボタンについて。

この続きをみるには

この続き:1,452文字

Subba Factory - A

muneyuki

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

muneyuki

本と漫画とロックと妖怪とに埋もれて暮らしたい。妖怪みたいな小説書きたい。 「書肆鯖」絶版・ホラー漫画、怪奇・幻想・文学、その他変なのに目がないネット古書店です。 https://t.co/3CGdkN2Zbb 「こけかか」文章。http://kkkka.seesaa.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。