【ワンコインGAS】Chatworkで問い合わせbotを作る方法

はじめに

このノートは、自分でも作れるけど、少し面倒なコードを提供することで日本中から「車輪の再発明」をなくし、生産性を高めて働き方改革が進むことを目的にしています。エンジニアでなくても、ITに弱くても、誰でも簡単に使えて仕事が捗るスクリプトです。

できること

チャットワークを利用して、問い合わせに自動返信するbotを作成できます。
外部ユーザ向けというよりは、社内からの問い合わせ回答に向いてると思います。

一度導入してしまえば設定は簡単。
スプレッドシートにキーワードと回答を設定し、

チャットワークでbotに質問すると回答してくれます。

例えば、社内の『生き字引き』的な存在の人。「あの人に聞いたらなんでも知ってる」という人に使ってほしいです。「○○のやり方を教えて」とか「〇〇ファイルの場所教えて」とか、質問ばかりで自分の仕事が進まない、という人は、問合せbotを作り、「今後はまずbotに質問ください!」と宣言して生産性を上げましょう!

特長

・スプレッドシートで追加修正して即反映されるから手間がかからない。
・問い合わせの履歴が自動で残るので、内容を見ながら追加・修正できる。

用意するもの

・チャットワークアカウント(bot専用アカウントの作成がおすすめ)
・Googleアカウント
・Google Cloud Platformアカウント

作り方

簡単ですが、少し長くなるので、こちらのブログにまとめました。
【GASでつくるChatWorkで問い合わせbot】作成手順

使い方

作成したスプレッドシートで回答とキーワードを設定し、チャットワークで質問を投稿すると回答してくれます。

詳細はこちらのブログに記載しています。
【GASでつくるChatWorkで問い合わせbot】使い方

ご利用上のご注意

このノートは、少しでも多くの方の働き方が改善され、商品・サービスが良くなることを目的に作成しています。
購入すると、下にコードが表示されますので、使い方に記載のとおりご利用ください。

今回のスクリプトでは、Googleの自然言語API(エンティティ分析)を使用しています。月に5,000回までは無料で使用できますが、それ以降1,000件ごとに1ドルがかかりますのでご注意ください。
https://cloud.google.com/natural-language/pricing

購入することによって必ずしもコードの動作を保証するものではありません。Googleやチャットワークの仕様変更により利用できなくなる可能性があります。が、ご相談いただければ速やかに修正を行う予定です。また、よい改善が思いついたら、こちらのnoteも更新していきます。

なお、コードを利用したことによって損害が発生した場合の補償はできかねます。予めご了承ください。
コードはご購入者のみでご利用ください。ご自分で改変するのは自由ですが、コードを他の方に共有・公開などはご遠慮ください。

以上、ご納得いただける方のみご購入ください。
GASを活用してみなさんの業務が改善されることを願っております!

この続きをみるには

この続き:6,186文字

【ワンコインGAS】Chatworkで問い合わせbotを作る方法

ながすん

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ながすん

コメント7件

ご質問ありがとうございます!
詳細を確認させていただければと思いますので、お手数ですが下のフォームからお問い合わせいただけますでしょうか。
https://workstyle-c.com/contact/
よろしくお願いいたします。
快適に動きました!失礼しました!
よかったです!
また何かありましたらご連絡ください!
ご質問ありがとうございます!

コードに記入するだけ、というと語弊があるかもしれませんが、作成手順はこちらに記載のとおりです。
https://life89.jp/gas-chatwork-bot-how-to-make/

Room_IDの記載は必要ありません。
問合せbotが話しかけられたRoom_IDを自動で判別して回答します。
Aさんと問合せbotのRoomとBさんと問合せbotのRoomがあったとして、それぞれ質問されたRoomに回答を投稿します。
こちらは使い方の説明が不十分だったかもしれません。申し訳ありません。

他にもご不明な点がございましたらご質問ください。
よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。