見出し画像

少数派の集客

中村です。
宅建まであと数週間…。
ようやく内容理解できてきました。

受験が終わったら
やりたいことがありすぎるので
どうにか我慢して勉強している次第です。



平日の集客

さて、
今日の昼休みに県内の中心地の方に
散歩に行ったのですが、

専門店はガラガラで、
ショッピングバッグを持っている人も
見渡す限りは2、3人しかいませんでした。



まぁ平日だから仕方ないか。



と思ったのですが、よくよくかんがえてみると
土日祝以外の休みの人も多くいます。

なんなら平日休みの人は土日祝休みの人と
同等の人数いるんじゃないかな?
と考えました。

平日の5日の中の2日休んでる人と
土日が休みの人の数って
大差ない気がします。

サービス業の人が多いと思うので。


だから、平日の5日間の客数と土日の2日間の客数を
比べたら、意外と同じくらいなんじゃないか。
と思いました。


もしそんなに大差がないと仮定した場合、
平日の集客力はとても低いです。

土日にはとても賑わって
レジには行列ができ、ジュース1本購入するだけでも
10分以上かかるとおもいます。

でも、今日ジュース1本買いに行ったら
数秒で買うことができました。


集客数は
日曜日と平日1日を比べると
8:2くらいだと考えています。


平日に休んでる人は多いのに
なんで今の時間は人がいないんだの
昼休み散歩をしながら疑問に思ったので
自分の意見をを書きたいと思います。



人件費

平日でも休日でも
店によって異なるとは思いますが

ファッション系のお店の店員の人数って

平日と土日ではそんなに変わらない気がします。

なのでたまに平日にショッピングモールに行くと
本当に暇そうです。笑

発注な度あることは重々承知ですが、
土日よりは忙しくはないと思います。

買い物をしていると
よく、お喋りしている店員さんを見かけるので
人件費無駄じゃないかな?

自分が働いてたら
毎回平日のシフトを選びます笑

大きい会社ほど現場のことは
わかっていないと思うので
全部見直したらいいのに…

ファッション系などのお店は
人件費を見直したらどれくらい利益増えるのかな。笑


同じ人数をシフトするなら
むしろ、平日に土日と同じくらい
集客できるようなサービスを提供する必要があると思います。

方法は知りませんが笑


家から出るきっかけ作り

平日が休みの人には
有給消化で休んでる人もいます。

そうなってくると
家でダラダラすることで
疲れを癒す、それが大きな目的です。

その顧客をどうやったら
集客できるかってとても重要だと思います。

例えば、
火曜日は赤字覚悟!全品半額、と
ここまでサービスをすれば、

流石に重い腰も動きます。

なんなら
そのために有給を使う人まで出てきます。

具体的なものはなにも思いつきませんが、
なんで集客を平日にもっとしないのかな
と思います。

平日の5日、毎日土日ほどの賑わいがあれば
確実に儲かります。

なんなら
土日は、他のライバル店が
キャンペーンを行なったりするので
集客しなくても、お客はやってきます。

競合店と競うように
土日に集中してタイムセールなどを行なって
いますが根本から考え直せば
何かいい方法があるのではないかと思います。

わざわざ同じ土俵で戦う必要はありません。



固定概念

土日をメインとしてセール等を
行なっていることを考えると

土日に集客をするという固定概念があると
仮定できます。

平日は売上が少ないもの、
土日の半分も売り上げていれば十分。



なんで平日と休日には差があるのか
一日の長さは24時間と決まっているし、
営業時間も変わりません。


そういった固定概念は
会社の成長、自分の成長を止めてしまいます。


以前、本で読んだのですが、

人間の死は2つある。

学ぶことをやめた時

寿命で息を途絶えた時

と書いてありました。



人間が学ぶのをやめた時は
たしかに死も同然だと思います。

能力等なにも変わらず
ただ衰えていくだけです。


なにも変わらないまま
あとは寿命を待つのみ…。

そんなのは嫌だなと思いました。


その時に壁になるのが固定概念や世論だと思います。

平日はお客さんが来ないから
暇だからさぼろう、話してよう、

みんながサボってるからさぼろう、

大半の人は流されるとおもいます。

それでいいのかなと思い、
何か違うことを始めよう、学ぼうと

手の出しやすかった
noteを書くようになりました。

で、始めはしましたが、
Twitterなどで、公開しますが、

どーせあんなことやっても意味ないのにだとか
直接は言われませんが思われていると思います。

だいたい、世論は
自分が経験したことないこと、
新しいこと、等は真っ向から否定します。

なにも知らないのに。

今までは、そこでやめていたことが多いのですが


自分なりの生き方が大切だと強く思うようになり、
やり続けたいと考えています。


固定概念や世論に反発しながら
何か物珍しい、自分に合ったことが
見つかればいいなとおもいます。



#わたしの考え
#ファッション
#ビジネス
#日記
#コラム
#エッセイ
#noteのつづけ方
#新潟
#昼休み
#電車の中
#固定概念
#世論
#集客
#アイディア
#少数派


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

燕市のローカルメディアを作りたいです。 そのために今は自分の文筆力を磨いています。 成長の過程を見守ってください\\\\٩( 'ω' )و ////

ぜひ、フォローしてください(o^^o)
10
Niigata Tsubame/新潟県の発信、PR 自分の考え方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。