何が自分の成功を邪魔するのか

今回は、「なりたい自分」になろうとするときの、「2つの天敵」について書きたいと思います。

***

「「なりたい自分になる」ってどういう事?」(昔のタイトルだと「なりたい自分になる、その1」)という記事で、「レベル3:自己実現」を、本来の意味での「なりたい自分」のあり方だと考えている、という感じのことを書きました。

私たちは、いろんな制約を受けたり、我慢をして生きています。
不自由さを感じながら、それでも納得(妥協?)して日々を過ごしています。
そんな毎日の中で、「自分らしく生きる」というのは簡単ではなくて、それに比べたら経済的、社会的な「成功」は測りやすいし見えやすいものだし、多くの人の「目標」であり「目的」となっています。

でも、私は「自分らしい自分」でいられることが、実は達成が一番難しい「成功」なんじゃないか、と思っています。

自分で「こうなりたい!」と思っても、そこに辿り着くには、残念ながら様々な障害があります。
気をつけることはたくさんあると思いますが、特に、そこには「2つの天敵」がいる、と思うんです。


天敵その1:自己不信

自己不信は、言い換えれば「不安と恐怖」のことだと思います。

これまでの記事でも何度か書いてきましたが、「私なんか・・・」というのは本当に良くないです。(*過去記事はこちら

私なんかには無理。できるわけがない」と、最初から諦めてしまう。
私には無理。だって・・・だし」と理由付けをして、何もしない。

こうした思考の根底には、「失敗したらどうしよう?」という不安があって、「失敗する」のが怖いんだと思うのです。

不安は、悪いどころか「あって当然、なくて不自然」だと思っています。
大事なのは、そこで自分なりに対応できることです。
(不安についても、以前の記事で書いているので、そちらも見て頂けると、とても嬉しいです。)

不安はあってもいい。
でも、不安に支配されて自分で自分に限界を作るのは、やめたいですよね。


天敵その2:外部からの圧力

要するに「周りの人たちのネガティブ意見」です。

成功も失敗も関係なく、子供のころから「トライする自分」を肯定してくれて、結果だけじゃなく、努力も併せて公正に評価してくれる環境であればいいのですが、そんな寛大な環境に育つことって、現実にはあまりないような気がします。

それ、○○ちゃんには無理よ
○○ちゃん、大丈夫?本当にできる?
・・・

そんな風に、何かを始める前から「信頼してもらえない」こと、結構ないですか?

兄弟姉妹、クラスメート、親戚の子、近所の子・・・比べる相手はバラバラでも、何かしらで「XXちゃんはさすがね。でも○○ちゃんは・・・」みたいな感じで、周り(大抵は大人)から「失望されてしまう」こともあります。

こういうのが続くと、自己肯定感なんて、育つわけもありません。

そうやって、外から自分の限界を決めつけられていると、いつの間にか自分でも「私には無理。できない。きっと失敗する・・・」と信じ込んでしまうのです。

***

この2つの天敵は、似て非なるもの、です。
でも、「天敵その2」が、いつの間にか「天敵その1」に姿を変えていることもありますし、「天敵その1」を自分から周りに言い続けているうちに、周りも「本人がそう言ってるんだから」となって、「天敵その2」を作ってしまった、というのもありますが・・・。

基本的に、この2つの違いは「内圧」か「外圧」かです。
自分を、
 ・内側から、自力で抑え込むのが「その1」
 ・外側から、他力に抑えこまれるのが「その2」
で、これは「能動態」と「受動態」とも言えそうですね。

自己実現の達成度を100としたときに(つまり、自分には100になるだけの資質がある、ということ)、自分でも100だと思いたいけれど「もし違ったら嫌だから、70ぐらいに設定しておこう」と思うのが「天敵その1」。
自分では100だと思っていたのに、周りに言われて「そっか、私は本当は70なんだ」と信じ込まされてしまうのが「天敵その2」、です。
どちらにしても、フルゲージの100には足りていないので、
なりたい自分=なるべくしてなる自分=自己実現
からはかけ離れている、ということになります。


小説に見る「天敵」

こういう天敵は、昔からいろんなお話に出てきます。
個人的に好きな話で、一般的にも有名だと思うのは「ゲド戦記」です。

指輪物語」にも、こうしたモチーフが、たくさん入っていると思います。
(皆さんご存知の「The Lord of the Rings」です。知らない人もいるかもしれないですが、昔の日本語訳では「指輪物語」だったんですよ・・・)

冒険なんか、したくない。
居心地のいい故郷に、留まっていたい。
得体のしれないものに追いかけられるのは、怖い。
荒野や深い森、洞窟、・・・危険な場所を進むのは、辛い、苦しい。
痛い、寒い、暑い、喉乾いた、お腹が空いた。
「おまえなんかが成功するはずがない」って、どうせ皆んな思ってる。
自分はこんなに小さくて、無力だ。
こんなの自分には、最初から無理だったんだ。
もう、この先に行くのは嫌だ。
こんなの、できない。
・・・

もっと出てきそうな気がしますが、ちょっと思い出しただけでもこんな感じです。「指輪物語」には、天敵絡みの伏線が、本当にいろんな箇所にあると思うのです。

でも、勝つためにはヒーローやヒロインである必要はないんですよね。
指輪物語の最後は、ご存知の通りですし。


天敵を倒す!

「なりたい自分になる」ために、この天敵をどうやって倒せばいいのか、という話になるのですが、それは「自由」じゃないかと思います。

ここで再確認したいのですが、自己不信も、周りからの圧力を「受け入れた」のも、自分自身の選択です。
恐ろしいことに、自分から天敵の罠にはまりに行くんです。

もし、天敵の罠に囚われてしまったら・・・

逃れる決め手は、「自由への憧れ」、だと思います。
自分の中にある「自由への憧れ」が、強くなれば強くなるほど、天敵の力は弱まっていくはずです。

天敵は、どちらも自分を「小さく抑え込む」ものなので、今の自分が、「苦しい」、「息が詰まる」とどこかで感じているのなら、それは自分が「解放されて自由になりたがっている」証拠だと思います。

時に人は「自分が呼吸できないことさえ自覚できない」ほどに、感覚が麻痺してしまっていることがあります。
とても悲しいことですが、そうした場合には、専門家に助けてもらうべきだろうと思います。(ちゃんと助けてもらう、って大事なことですよね。「助けて」と言えるかどうか、というのも問題なんですが・・・)

「なりたい自分になる」というのを意識した時点で、気持ちは既に自己実現に向かっている、と思います。
何が自分を阻んでいるのか。
それをきちんと認識するのが、「なりたい自分になる」ための、大事なステップではないかと思います。

***

理不尽な環境から出ていくことは、「逃げ」ではなくて「解放」だと思います。 人は「自分」からは逃げられません。
「本当の自分」、「あるべき自分」になろうとすることは、「自分で自分を産む」ようなものではないでしょうか。

痛みを伴うだろうし、楽ではないと思います。
でも、それだけの価値はある、と私は信じたいです。


☆この記事で使わせていただいた写真は、「みんなのフォトギャラリー」から黒田明臣さんの作品です。

囚われてる間は暗闇だったのが、自分を解放して自由になるときに輝く光が降り注ぐ、みたいなイメージで選ばせていただきました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると、とても嬉しいです。日本に帰省した際のセミナー参加など、勉強に使わせていただきます。

お身体をお大事に!
3

NoKo

なりたい自分になる!

「なりたい自分」とは何か。どうしたら「理想の自分」に近づけるのか。私なりの考えを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。