だからって特別何にも変わらないのだけどね

30歳になりました。
数字にすると「おおっわたし大人になったものだなあ!」と驚きつつも、なんだかとても穏やかに30代がはじまりました。
誕生日を迎える時にも特にそわそわもせず、仕事の合間にくーすか居眠りしてたら日付が越えていた(笑)こんなもんです。

とかいいつつ、ちゃっかり30歳はじめの日は山梨に逆さ富士を観にいくなぞしてみました。

真夜中に山中湖まで車をかっ飛ばして、カメラを持って外に出たらマイナス8度で泣きそうになって、それでも目の前でどんどん紅色に染まっていく富士山、圧巻でした。美しいね。日本に生まれてよかったな。

30代気合いは特にありませんが、まずは「タイで暮らす」がはじまります。あとね、ブランド(チャイ)を立ち上げようとしてみたりしてます。主宰させてもらっているコミュニティも、じっくりコトコト、新しい取り組みを始めたいなあって思っていたり。
おかしいな。せわしないね。相変わらずだ。

わたし20代は裏目標があったんです。イベントとか、インタビューとかでも度々話をさせて頂いていて。それが「ゆるゆると前に出ること」だったのですけど。

「強くなくっても。めいっぱいファイティングポーズをとっていなくても。自分を信じて地面を踏みしめて。無理に背伸びしなくっても、戦えるよ」って言うのを、なんか身を持って証明したいと思ってました。

大きな声がでなくても、やりたい事をぎゅっと胸の中で大事に大事にしてあげて。逃げ出したくなったら逃げ出して、でも大事なものだけは手を離さずに。歯をくいしばって威嚇して戦うのではなくて、自分の弱さも相手の弱さも包み込んで。ゆるりゆるり歩いていれば、いつの間にか自分の居たい場所に行き着ける。そんなことを体現するのが目標でした。

どれだけそれが達成されたのかは分からないし、私も「目標!」と言いつつも、まあなんでもいっか、に落ち着いてしまっているのだけど。

もし誰かが何か、破片でもいいからそんな想いを拾ってくれていたらいいな。

そういえば30歳になってはじめの感想は「なんて人生は短いんだ!」でした。あっという間に、本当に一瞬で。20代が過ぎていったなあと思って。
「こりゃ、あれこれ考えて立ち止まっている暇はないな」と。
うーん、て悩んで立ち止まっている暇なんか、ないね。
人間の一生は本当に短い。
誰かの目を気にして悩んでいる暇なんてなくて。

はじめたかったらすぐはじめて。
逃げたかったらすぐ逃げて。
泣きたかったら思いっきり泣いて。
笑いたかったらいっぱい笑って。
好きだと思うなら愛を伝えて。

そう。本当に。人間の一生なんて一瞬だよ。
でも、背伸びしなきゃだめ!って意味ではなくて。

つまり今日もめいっぱい。この短い人生を楽しんで。たのしんでいきましょう。

30歳になりました。

main photo by - Nobuhiro_Toya

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、次に書くnoteの活力として使わせていただきます....!

今日も良い1日になりますように*
78

古性のち

旅と共に生きています。フォトグラファーや物書きが中心。noteは日々や旅先からのエッセイ。メインビジュアルや記事の中の写真もオリジナル。珈琲を飲んだ時のようなホッとした時間を綴りたい。

今日のなんでもない日記

放っておいたら、しゃぼん玉のようにいつか頭から消えてしまいそうな、だけれどどこかに残しておきたいような、ふとした日常のひとりごと。昔のmixiのような、とりとめのない文章を認める場所に。
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

おめでとうございます。
これから重ねていく月日がどうか
幸せを運んできますように。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。