秋の臨時国会、水道法改正案(水道民営化法案)は絶対に成立させてはいけない。

 自由民主党、公明党、日本維新の会は、「水道法 改正案(水道民営化法案)」の成立を狙っている。

 既に成立した「PFI法 改正案」によって、地方自治体が条例を定めれば、公共施設の運営権を民間企業に売却する際、地方自治体議会の議決は不要となり、事後報告をすれば可となった。

 「PFI法 改正案」と「水道法 改正案」との合わせ技によって、地方自治体議会の議決無しで、水道民営化が可能となる。

 もし、水道民営化されたら、上下水道料金は、私企業の利潤追求のために値上げされることになる。

 また、水道水の水質の悪化も避けられないだろう。


 「水道法 改正案」は、保守、革新、関係無く、人間らしく生きたい人ならば、絶対に反対すべき、稀代の悪法案だ。


■ 水道民営化の危険性(濃飛新報 (@nora_journal) / 2018年8月3日)


■ 水道民営化の危険性2(濃飛新報 (@nora_journal) / 2018年9月2日)


■ 水道民営化の危険性3(濃飛新報 (@nora_journal) / 2018年10月16日)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 実は、調査・分析して記事を書いたり、文字起こしをしたりするのは、結構大変なんです。 たまに、サポートして頂けると、大変嬉しいです。

ありがとうございます。励みになります。
14

野良放送

さぁ、始めよう。日本国史上、初めての民主制を!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。