公(パブリック)と私(プライベート)〜行政のデザインは公平性から先進性へ

こんにちは。 三連休も企画書作成にあけくれております、もとこです。
さて、先日たまたま見つけた、奈良県生駒市のこちらのサイト。

生駒市トップページの右の画像に注目。

す、すごい。まるで『北欧くらしの道具店』みたい。
生駒市さんは、5年ほど前からわたしが手がける『小豆島カメラ』にコンタクトをくださったり、『長浜ローカルフォト』の視察に来られたりと、シティプロモーションに熱心な地域だと存じていまし

もっとみる

QOLと経済開発(2016)

QOLと経済開発
Saven Satow
Oct. 25, 2016

「心足るすなわち富なり」。
白居易

 バブル経済崩壊後、政府は景気刺激策として財政出動を繰り返している。しかし、効果が上がらない。ケインズ主義政策は有効需要の創出を目的に短期的成果を狙って実施される。それは量が重視されるので、結果が出ない場合、規模が小さいためと判断され、追加の政策がとられる。

 しかし、効果が現われないの

もっとみる

新しい時代を考えるにあたり、

新しい時代を考えるにあたり、過去をもう一度振り返ろうと生まれてからの年表を作った。
たかだか数十年の間に日本が大きく変わってきたのが分かる。
一番に見えてくるのは新自由主義の隆盛だ。規制緩和の名の下に、いろんなモノをこじ開けて経済成長剤をぶち込んできた。
改革と緩和、反既得権益、自由化、国際社会という耳当たりの良いこともあり、日本は80年代から積極的にこれを受け入れてきたけど、
その結果強欲な資本

もっとみる

鉄の女(2013)

鉄の女
Saven Satow
Apr, 09. 2013

“No! No! No!”
Margaret Thatcher

 環境問題の専門家がマーガレット・サッチャーに「首相、これからは地球温暖化に関心を払わねばなりません」と進言すると、彼女はこうくってかかっている。「何よ、あなた、私に天気予報の心配をしろと言うの」。1年後、彼女は温暖化問題の重要性を国内外に訴え、「緑のサッチャー」と呼ばれ

もっとみる

偽日本国

体の中に通う血が、血流に逆らうように騒ぐ。身が震える。誰かが泣き叫んでいるような気がした。僕が生まれてから当たり前のように踏んできたこの土。日本の大地は本当の日本ではない。

何十メートルもの灰の塊が日本の大地を覆い続けているような気がした。
その厚化粧で覆われた「土」の遥か彼方、大地の根底から、まるでマグマが噴き出すかのように大地の泣き叫ぶ声が聞こえてきた。
 僕は生まれた時から、鉄筋コンクリー

もっとみる

日本が"合理的"を追求する地政学的要因

※『世界まちかど地政学』(藻谷浩介)の書評

経済合理性に支配された国を「殺伐としている」「競争過多」のように批判する声は多い。

新自由主義が蔓延したことで今や教育までもが市場の競争主義に支配されている。

数字を上げることばかりで質が伴わないことは日本の課題であると感じる。

ただ、合理性を追求できるこの国の環境は、経済成長を目指す発展途上国からすると羨ましくも思えるのではないだろうか?

もっとみる

経済

経済指数が上向くことと、生活が楽になることが、イコールではなくなっている。
経済学が実感を伴わなくなっている。
だから、経済学の常識に反した政策が一定の支持を持つのではないか。直感的な実感に寄り添うから。

それは、経済全体をどう上向かせるかの議論だが、上向いた経済の果実をどう使うか、あるいは、経済全体を(学問上)上向かせることが的を射ているのか、という疑問も、いまの変化しつつある時代、持ち続ける

もっとみる

【岐阜市議会】小森忠良 岐阜市議会議員が、上下水道事業の経営状況について一般質問。

2019年6月18日、岐阜市議会 第2回定例会の一般質問が行われ、その中で、小森忠良 岐阜市議会議員(会派: 岐阜市民クラブ)が、上下水道事業の経営状況について、一般質問しました。

 小森忠良 市議は、かつて、(株)十六銀行、(株)十六総合研究所に勤めた、金融・経済のプロフェッショナルです。

※ 岐阜市民クラブ: 旧民主党系の市議、立憲民主党の市議が所属する会派。

【 小森忠良 岐阜市議会議

もっとみる

MMT~それは何と戦っているのか

昨日、「MMT」と、それに基づくオカシオコルテスや山本太郎の政策が袋叩きになっている、と書いたが、正確には米国と日本では全く状況が違う。

    米国では2008年のリーマンショックと、その後の金融機関への政府の支援などに対する不満をきっかけに、2011年に格差の拡大と富裕層への優遇に抗議する「Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ)」運動が発生した。

"We are th

もっとみる

【岐阜県議会】伊藤英生 岐阜県議会議員が、水道民営化について一般質問。

2019年3月13日、岐阜県議会 第1回定例会の一般質問が行われ、その中で、伊藤英生 岐阜県議会議員(国民民主党 / 可児市選挙区)が、水道事業へのコンセッション方式導入(いわゆる、水道民営化)について、一般質問しました。

【 伊藤英生 岐阜県議会議員(国民民主党)の質問 】
次に、水道法改正に伴う、県営水道事業の今後のあり方について、知事にお尋ね致します。

本県では、岐阜東部上水道、上水道用

もっとみる