見出し画像

若い頃の私はなぜ嘘ばかりついていたのか?

嘘はつくな、とはよく言われますけれど、私の場合は若い頃はとにかく嘘ばかりついてました。それも、一番情けない姑息なタイプの嘘です。

一番ひどいやつだと、締切を過ぎて資料が届いていないと催促されたときに、過去のメールを「捏造」して「あれ、送りましたよ?」と返信したこともあります。今思うとほとんど病気ですね。

ただ、私の場合に限らず、みな実際のところ多かれ少なかれ嘘をつきます。特にマネジメントをやっていると、ビジネスレビューなどで、ほとんどの人が意識的か無意識的かを問わず何らかの嘘やごまかしをしているのがよく分かります。これは偉い人や仕事のできる人も含めてです。

なので、私が思うのは、「嘘をつくのを止めよう」と単純に考えても意味がないということ。それより大切なのは、自分の嘘を「分析」すること。そこには自分がすごくこだわっていることや恥ずかしいと感じていることがくっきりと表れているからです。

例えば例に挙げた私の嘘。実は締め切り前にひたすら資料作りに悩んでいたんです。大きな会議のための資料だったので、ばっちりと仕上げたいと最初は意気込んでいました。

でも、実際は自分の力が足りず仕事はなかなか進みませんでした。こうなるとある種の「パニック」状態に陥ってしまい、(非合理ですが)そのまま仕事をすることを諦めてしまうことが私はよくあって、このときもまさにそうなってしまいました。そして、それをごまかすために嘘をついた。

ここから読み取れるのは、私の稚拙な完璧主義とプライドの高さです。その頃の私は仕事でも「0か100か」という思考しかできず、常にベストを目指さなくてはいけないと考えていました。

ここでポイントとなるのは、100点が取れそうにない、という時の私の「非合理」な行動です。普通の人であれば、まあそれなら時間もないし70点くらいを目指して仕事を完成させよう、とします。しかし、この頃の私は「100点が取れないんであれば、もう仕事しても意味ない、止めてしまえ」とそのまま仕事せずに無気力になってしまうことがよくありました。

あまりに「非機能的」で理解できない人も多いと思いますが、ポイントはこうした内面のメカニズムや葛藤は自分しか分からない、ということです。もっと言うと自分自身もそこから目を逸らしていて、よく理解できていない場合も多いです。

なので、自分が嘘をついてしまった時に、それを単に後悔するよりも、その状況を思い出してみて、その時の自分の心の「メカニズム」を分析してみることをおすすめします。そこから学べることは多いので。

(おまけ)ここから私のカウンセリングの体験について書いてます。

この続きをみるには

この続き:654文字
記事を購入する

若い頃の私はなぜ嘘ばかりついていたのか?

とくさん

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を楽しんでいただけたでしょうか。シェアいただけたらとても嬉しいです。

感動です!
111
経営を考える素材を提供します。娘二人の育児奮闘中の父親です。日系メーカー海外営業→外資コンサル→上海駐在→現在、経営企画本部長@米IT企業。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。