文章を"ウェブのレベル"に合わせない

群像8月号に随筆「同性と初めてキスした時のこと」が掲載される。
あの群像だということで、かなり、かなり、かなり気合いを入れて書き、筒井康隆御大やら長野まゆみ閣下やら瀬戸内寂聴大先生やらに並んで自分の名前があるのを見たときには喜びのあまり嬉ションしそうになったのだが、ページをめくってほかの作家さんたちの作品を読んだ途端にその嬉しさはあっという間に引っ込んでしまった。

レベルが違いすぎる。
こんなことで喜んでいる自分が悲しくなるくらいに。

この続きをみるには

この続き:1,369文字
記事を購入する

文章を"ウェブのレベル"に合わせない

小野美由紀

380円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。

ありがとうございます!
32

小野美由紀

それでもやはり、意識せざるをえない(小野美由紀のマガジン)

作家小野美由紀によるエッセイマガジンです。タイトル通り "それでもやはり、意識せざるをえない” 物事について、月に5-10本程度配信します。日々のエッセイ、恋愛、性愛、家族、また書くことについて、作家という職業について、ジャンル問わず本気でおすすめしたいもの・こと、お店、本...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。