Naoki Ota

固定されたノート

わたしたちは、特別になれるか。

僕は大学時代、バレーボールサークルを2人で作ったことがあって(パスしかできないね)、昨日はその創立10周年記念パーティーでした。

サークル名はMSTといいます。自分の大学生活のほとんどを捧げた場所が、こうして長く続いてくれていることは、本当にありがたく、感慨深いです。

今回僭越ながら最後にご挨拶をさせていただいたのですが、パーティーに来れなかった後輩が多かったので、全文をここに残しておこうと思

もっとみる

監督をつとめたVR作品『告白の日』が公開されます。

東京レインボープライドの2日間(4/28・4/29)、会場となる代々木公園イベント広場にて、僕が脚本・監督をつとめたVR作品『告白の日』がご覧いただけることになりました。

本作は、『VR Angle Shift』シリーズで「ルミエール・ジャパン・アワード2018」準グランプリ・優秀作品賞をW受賞された「株式会社シルバーウッド」さんの新作です。色んなご縁が重なり、脚本・監督を僕にご依頼くださいまし

もっとみる

「仕事ができる」と言われたいが、自信もない新社会人の方へ。

こんばんは。日曜日が終わりますね、太田です。

タイトルの件、もやもやと考えたりする時期なんじゃないかと思って、新人時代を振り返って書こうと思い立ちました。

僕みたいに「根拠のある自信」を少々と、「根拠のない自信」が全くない状態で社会人1年目に突入した方に届けばと願います。



「あいつ、仕事できるよね」

この一言は、仕事をせざるを得ない限り言われて嬉しいものです。だけど先に言っておくと、

もっとみる

孤独を癒す、“当事者”との出会い。

生きていると、思いがけない病や怪我に見舞われることがあります。

それらは痛かったり、息苦しかったり、不便だったりします。だけど、その全てに共通している最大の苦難は「孤独」にあると僕は思います。

僕はかつて「自律神経失調症」という診断を受けた時、社会から取り残されたような気持ちになりました。

当時の僕は、着せられたスーツが全く体に馴染まない、希望に満ちた新社会人で、 新人にしては大きな仕事をま

もっとみる

漂白された情熱の先

「今はね、60・70代の人が好きだね」

Aは変わらない口ぶりでそう言って、コーヒーをすすった。気の抜けたチェックのシャツにサッパリとした短髪。その出で立ちだけなら彼は2年前と何も変わっていないように見えた。いや、彼は2年前にはもう変わった後だったから、当然のことなのかもしれないけれど。



学生時代に希代の若手起業家として名をはせた彼は、何冊も書籍を出し、僕らの世代では知らない人の方が少なか

もっとみる

僕のエースが結婚した。【途中まで】

二人が体育館に入ってきた時、「まさか見学に来たんじゃないよな」と怯えた。

「バレーボール部」と書かれたたスエットをはいていた二人は見るからに鍛えられた体をしていて、そしてハチャメチャにしかめっ面だった。しかもデカい方なんて身長が185cmくらいで、どこからどう見ても「エース」という風格があった。

一方、僕らはと言えば、ひとりをのぞいて皆バレーボール初心者だった。初心者が2ヶ月前に作ったサークル

もっとみる