ソルボンヌ大学院に通いながらフランスで働いているぼくが自分のフランス語学習歴を赤裸々に語る

こんにちは、マエダジュロウです。

今回はぼくのフランス語学習歴について赤裸々に語っていきたいと思います。フランス語って難しくてなかなか伸びないから、他の人の学習歴ってけっこう気になりますよね。

じつはぼくはフランス語の勉強を高校1年生のころに始めました。人より早めのスタートですね。ただ、フランス語が苦手で苦手で仕方なく、高校・大学でのフランス語のテストはいつも赤点ギリギリでした。なんなら一回単位落としました。

そんなぼくが、現在ではフランス政府給費留学生としてソルボンヌ大学の大学院に所属しながら、個人事業主としてフランスで起業をするまでに至りました。

もちろん、まだまだフランス語が苦手ではありますが、それでもある一定程度のレベルには達したといえるでしょう。

そんなわけで、だれかの参考になればと思い、この記事ではぼくがフランス語の勉強を始めてから今にいたるまでの、「マエダジュロウのフランス語学習歴」を赤裸々に語っていきます!

内容はいわゆる「自分語り」的なものになっています。ただ、他の人が、どういう環境でどういう状態でどういう実力があったのかということを知ることは、フランス語を学ぶうえでひとつの重要な参考資料になると思っているため、この記事をかきました。フランス語に伸び悩んでいた頃の自分がこういう情報を欲していたので…。

【目次】

1. 高校時代 ― フランス語学習の始まり
2. フランス語を忘れてフランス留学
3. お金がないからモロッコでフランス語学習
4. やっとの想いで仏検2級
5. フランス語コンクールで惨敗
6. TCF・DELF・DALFを受けてみる
7. フランス政府給費留学制度に採用!
8. ソルボンヌ大学院 ― コテンパンにやられる日々
9. 個人事業主として起業
10. おまけ ― フランス語を伸ばすコツは「●●●」を捨てること!?

それではさっそく行ってみましょう!

※ 当記事の一切の転載を禁じます。

1. 高校時代 ― フランス語学習の始まり

 ぼくのフランス語学習は高校1年生のころに始まりました。やっとの想いで合格した早稲田大学高等学院で第2外国語を必修科目として学ばなければならなかったからです。

この続きをみるには

この続き:6,752文字

ソルボンヌ大学院に通いながらフランスで働いているぼくが自分のフランス語学習歴を赤裸々に語る

マエダジュロウ@パリノメモ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。