フォトライブラリOLDDAYS

旅、人、写真、テキスト、思い出 produced by 早稲田企画 & インサイト http://photolibraryolddays.com

マントン - 古き良き時代の世界の町へ 第7回

コート・ダジュール紺碧海岸に、真珠のように連なる珠玉のビーチリゾート……。イタリアとの国境の町マントンは、山と地中海に囲まれた静かな港町。

光舞う旧市街にオレンジ、レモン、オリーブの香りに誘われて光舞う旧市街へ。市庁舎ではジャン・コクトーの手になる「婚礼の間」を、広く旅人にも開放している。

西欧富裕階級の社交場であるモナコ公国からタクシーで30分のマントンは、コート・ダジュールの隠れリゾートだ

もっとみる

バグダッド - 古き良き時代の世界の町へ 第6回

チグリス川とユーフラテス川が最も近よっている地点、そこにバグダッドと呼ばれる小さな市場(スーク)があった。現在のイラク共和国首都の1200年前の姿である。『千夜一夜物語』が讃えた黄金の街を巡る。

アッバース朝カリフ、アル・マンスールがチグリス河畔の寒村にすぎなかったこの地に壮麗な新都、マディーナ・アッサラーム(平安の都)を造営したのは762年のこと。以来1258年にモンゴルのフラグハンが侵入する

もっとみる

グラナダ - 古き良き時代の世界の町へ 第5回

万年雪を頂くシエラ・ネバダの山々を、遥か彼方に望むアンダルシアの古都グラナダ──イスラム王朝の宴の跡……。アフリカの砂漠から地中海を渡って来たアラビア人は、その幻想的な宮殿を無数の花園と噴水で飾りました。光舞う中庭で偲ぶ、遠き日の千夜一夜物語。

砂漠の民の情念が造りあげた地上の楽園

金色の光が、12頭の力強い獅子の支える噴水の滴に、戯れ、舞っています。アルハンブラの宮殿の中でもっとも美しいとい

もっとみる

パルミラ - 古き良き時代の世界の町へ 第4回

砂漠のなかの真珠だったパルミラ。隊商たちは、飢えと渇きと疲労のなかで常にこの町を夢見た。そしていま廃墟──渡る風がこだまする列柱群は落日に染まる。

パルミラは、今、シリアのまっただなかにある廃墟に過ぎない。だが、昔はメソポタミアとエジプト、メソポタミアと地中海世界をつなぐ隊商路の重要な中継基地として富み栄えた町だった。

メソポタミアの主権者がペルシャ、パルチアと変わり、地中海世界がギリシャから

もっとみる

カラチ - 古き良き時代の世界の町へ 第3回

イスラマバードに遷都されるまでは、パキスタンの首都だったカラチ。19世紀のなかごろまでアラビア海に面した寒村にすぎなかったが、1947年の独立後に首都となると、人口が急激に増加し、パキスタン最大の都市となった。

町の中心、クラブ通りやザーブン・ニナ通りには近代的な白いホテルやショッピング街がつづいている。町には青々とした街路樹が茂り、公園も多い。しかし、ペシャワールやらホールと違って、町には歴史

もっとみる

カーブル - 古き良き時代の世界の町へ 第2回

ムガール帝国の創始者バーブルが愛した町、カーブル(アフガニスタンの首都)。周囲は岩山、町のなかにも山があり、カーブル川が貫流する。

町は新市街と旧市街にわかれている。旧市街への入口は、パシュトニスタン広場。人種のるつぼであるアフガニスタンで、最も有力なパシュトゥーン族が制覇した記念広場である。中央の大噴水の周囲に、パシュトゥーン族の象徴、「山を背景とした太陽」の図が描かれている。

広場を囲むよ

もっとみる