第03号『ゲーム会社の稼働率の問題』

稼働率とは「その会社の中で稼働している人材の割合」のことです。

サイバーコネクトツーはもちろん(ほぼ)100%です。

全員が欠かさず仕事をしています。

当たり前と思われるかもしれませんが、そうでない場合がゲーム業界には(割と数多く)存在します。

一般の人からすると信じられないかもしれませんが。

大きいゲーム開発会社ほどこの稼働率が低下する傾向にあります。

例えば1000人の規模の大手企業は、何もしなくても毎月1000人月の経費がかかるわけですが、何故か毎月働いているのは1000人では無いのです。

ひどいケースだと稼働率が60%という会社もあります。

これは大きい会社にありがちなのですが、プロジェクトの移行期という名目だったりして、「人だけは部署に抱えているもののちょうど今はやる仕事がない」という人達がいるのです。

手が空いてるなら他のチームを手伝えばいいのでは?

誰もがそう考えますが、実際はなかなかそうはなりません。

ヘルプで人を他部署に出すと(元の部署に)帰ってこなくなる恐れがある、などの屁理屈でなかなか他部署(や別プロジェクト)に人を出さないのです。

あとは単純に会社に来ない。

当たり前ですが会社に来ない人は仕事が出来ませんので稼働率は低下します。

人は生きていると一定の確率で病気にもなりますし、事故や身内の不幸など様々な理由でやはり会社に来れなくなります。

けど、これらのケースは突発的とはいえ一時的なものなのでそんなに稼働率に影響はありません。

一番の問題は。

この続きをみるには

この続き:604文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り25/ 30

第03号『ゲーム会社の稼働率の問題』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
15

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

IT業界全体に共通する問題ですね(SE・プログラマに多い)。うちの会社では月1回好きなことやらせる自由研究時間を設けてます。普段の仕事とは関わりない人達でチーム組んだり1人ででも好きな開発やらせて少しでも気分転換にもなるかなと。
あんまり書くと有料版買ってない人にネタバレしちゃうから控えた方がよいかな。(あ、CC2さんはネタバレ怖がるな!だったっけw)
はい、ネタバレはオッケーですよ。望むところです。転載でない限りは。

しかし自由研究時間っていいですね。それは確かに有効そうです。情報ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。