第171号『やれる人はいいですね』

私の周りにはたくさんの“働く人”がいます。

それはもちろん同業のゲームクリエイターだったり漫画家・アニメーター・出版社・テレビ局・制作会社・WEBデザイナー・脚本家・配給会社・イラストレーター・キャラクターデザイナー・声優・役者・芸人・ミュージシャン・プロデューサー・造形師、と、まあ様々です。

皆さんその業界の一線で働き・もがき・活躍している人たちばかりです。

また同時に総じて“意識の高い人たち”です。

ただそんな“野望があって意識が高く強い人たち”ばかりで世の中が構成されているわけではないことを私は知っています。

“そこ”を目指して今現在も研鑽し努力し続けている人たちや、純粋にコンテンツ自体をただ単純に“楽しんで生きている人たち”がたくさんいますし、“それすらも関係ない”と思って生きている人たちもたくさんいます。

どれが良いとか悪いとかは一切ないですよね。

それぞれの生き方があるしそれでいいはずです。

ただ自分自身で気を付けていることのひとつに

“自分の身の回りの世界だけで固まらないようにする”

ということがあります。

同じ世界で同じ方向だけを見ている人たちで集まるとだいたい

“〇〇は上手くいかなかったけど得られるものはあったからそれを真摯に受け止めて次に繋げていこう”

とか

“要因分析のデータを出来ればみんなでシェアしよう”

とか

“大丈夫だよ勝てるまでやれば負けないから”

とか、とにかく皆さん不屈で意識が高いのです。

そうでないと生きていけない・生き残れないのかもしれません。

もちろんそういった人たちとも飲みに行ったり集まって意見交換したりもしますし、それはそれで心強く話すと勇気が湧いてきます。

けど、それは“自分にとって居心地が良くて都合が良くてぬるい湯につかって浸っている”ようなものです。

“そう、俺はこれでいい・間違ってない”

と再確認するには実に“良い場所”かもしれませんが、“それだけじゃあダメだ”とも思っています。

なんでも“一部で凝り固まると視野も広がらない”ってもんです。

なので私は定期的に自分自身を“アウェイに追い込む”ようにしています。

そうですね、私自身のアウェイがどういう場所かというと。

ナイトクラブで“ウエーイ!”とお酒を飲んで踊っているような人たちが多く集まるところだったり、野外フェスの会場だったり、夏に別荘に集まってみんなでバーベキューするような人たちが集まる所だったり、冬には必ず雪山に行ってスノーボードを楽しむためにみんなで車に荷物を積んで出発するような人たちがいるような場所ですね。

正直、誘われても行きませんし(行きたくない)あんまり行く価値も(自分自身にとっては)無いと思っていますのでなるべく近づかないようにもしてきたのですが、それだけでも駄目だなと思うようになりました。

“居心地の良い場所だけにいると人間強度が下がる”

と、そう考えて(かなり)無理してアウェイ会場に足を運ぶ時もあります。

というか無理矢理そういう時間を作るようにもしています。

この続きをみるには

この続き:1,589文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り23/ 30

第171号『やれる人はいいですね』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
37

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
2つ のマガジンに含まれています

コメント2件

アウェイに行かれるんですね。。。。すごい。
自分はそんな松山さんに憧れます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。