祭りの記憶

金魚すくいに射的。
りんご飴にかき氷。

人それぞれの祭りの記憶が、ある。

祭りには夏らしく明るい記憶が似合うんだ。

学校で会ういつもの友だち同士、なぜかすごくテンションが上がる。
食べ慣れているフランクフルトや、から揚げでさえもとびきりの美味しさに感じる。

夏休みが終わるだなんて考えることもなく
楽しくエキサイティングな時間。

ただ楽しむためだけに毎年驚くほど人が集まり、たくさん笑い、そして平和で楽しい記憶を作っていく。

ボクもわが子にこんな記憶を作ってあげたい。

祭りって
無邪気にはしゃいで、
好きなものを食べたり飲んだりする時間。

いつもならあまりできないわがままや
ナマイキなしぐさも、この日ばかりは大人も許してくれるにちがいない。

「とにかく早くこの日が来てほしい」と祭りを楽しみにして
「ずっとこの時間が続いてほしい」と惜しむ記憶を。

ボクにはない記憶だけど、わが子に作ってあげたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございマスター!
3

励(ハゲ)マスター

ブログ書いてマスター ⇒popeyell.com Twitterやってマスター ⇒@souomottara 人生って、 そう思ったらそうなる! これしかないけど、これで叶えてきた。もっと叶えていけると思ってマスター。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。