久住四季@小説家

小説家。新刊『推理作家(僕)が探偵と暮らすわけ』(メディアワークス文庫)12/22より発売中です。その他の既刊はプロフィールにて。Twitter→https://twitter.com/quzumi_shiki

推理小説の作り方(ちょっとだけ)わかります⑥ あとがき

というわけで、『推理小説の作り方(ちょっとだけ)わかります』というタイトルで続けてきたエントリーも、これで一段落となります。長々とお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。

 以下、3点ほど補足を挙げます。

目次
1. 自分なりのやり方を見つける
2. 出発点は何でもOK
3. セオリーを破るその日まで

1. 自分なりのやり方を見つける

 繰り返しになりますが、そもそも書きたい小

もっとみる

推理小説の作り方(ちょっとだけ)わかります⑤ ハウツー本編

こんにちは、久住四季(くずみしき)です。

 今回は、これまでに僕が読んで参考にしたことのある、ミステリの書き方に関するハウツー本を紹介します。

 これまでの記事で紹介してきたやり方のいくつかは、以下の本から学んだものです。

 なお、以下の文章では敬称略とさせていだきます。なにとぞご了承ください。

目次
1. 『ミステリーの書き方』(幻冬舎文庫)
2. 『SAVE THE CATの法則 本当

もっとみる

推理小説の作り方(ちょっとだけ)わかります④ 文章編

こんにちは、久住四季(くずみしき)です。

 今回は文章についての話をします。これまでの記事がまだの方や、おさらいしたい方はこちらからどうぞ。

 なお、以下の文章では敬称略とさせていだきます。なにとぞご了承ください。

目次
1. まずタイトルを決める
2. スタンダードな日本語で過不足なく
3. 「演出」に気を遣う
4. しっかり推敲する
5. 焦らず、恐れず

1. まずタイトルを決める

もっとみる

推理小説の作り方(ちょっとだけ)わかります③ 登場人物編

こんにちは、久住四季(くずみしき)です。

 今回は小説の登場人物の作り方を紹介します。これまでの記事がまだの方や、おさらいしたい方はこちらからどうぞ。

 なお、以下の文章では敬称略とさせていだきます。なにとぞご了承ください。

 目次
 1. 「AだけどB」というギャップ
 2. 無くて七癖
 3. 名は体を表す
 4. 「キャラかぶり」をさせない
 5. 登場人物に興味を持つ
 6. 最後に

もっとみる

久住四季の全仕事

はじめまして、久住四季(くずみしき)です。『トリックスターズ』(電撃文庫)でデビュー後、主にミステリを書く作家として商業で活動しています。とりいそぎ、これまでの僕の著作の紹介などをもって、プロフィールにかえさせていただきます(過去の仕事も随時追加していきます)。

 上が最新で、下に行くほど過去のお仕事になります。

【小説】

『推理作家(僕)が探偵と暮らすわけ』(メディアワークス文庫)

『ト

もっとみる

推理小説の作り方(ちょっとだけ)わかります② プロット編

こんにちは、久住四季(くずみしき)です。
 電撃文庫『トリックスターズ』でデビュー後、主にミステリを書く小説家として商業で活動しています。

 今回は小説のプロットの作り方を紹介します。前回の記事がまだの方はこちらからどうぞ。

 なお、以下の文章では敬称略とさせていだきます。なにとぞご了承ください。

 目次
 1. 基本は起承転結
 2. 「つかみ」を用意する
 3. 謎は「フェア」に解決する

もっとみる