ターミナル21 ~タイ・バンコクの「なんちゃって日本」なショッピングモール~

☝上記記事に書ききれなかった、有料マガジン購読者向けタイ旅行所感です。

▼ ● ▲ ▼ ● ▲

タイ・バンコクに2011年にオープンした大型店舗、ターミナル21。

「ターミナル」という名のとおり、空港のターミナルをモチーフに、1階は東京、2階はロンドン、3階はイスタンブール……など、それぞれのテーマとなる街を模してつくられている。

↑数年前にこの本を読んでからずっと行って見たかったこのモールに先月やっと行ってみた……のだが、この本に書かれていたこととちょっと違う印象を受けたので、メモしておく。

※おそらくこの本の抜粋である記事がここから読めます。


各階は構造(柱の位置とか店や道の形)は当然同じで、置物なり表面に塗られた色や柄なり(グラフィック)が、各国を表現している。

この記事いわく
「このモールは、すごい。都市とは構造ではなくグラフィックにすぎないと証明しちゃってるんだから」
ということだったのだが、私は残念ながら全然そんな風に思えなかった。

丸っこいモールじゃ東京は再現できない、と強く感じた。そして、各階、「安っぽいテクスチャーが貼り付けてあるなー」としか思わなかった。

やっぱり、都市はグラフィックじゃないと思う。

というのも私は、ホーチミンでロータリー交差点をくるくる回るたびに
「あー日本にはほとんどないやつー」「この街はフランス人が作った街なんだなー」
と、しみじみ感じるのだ。

つまり、都市とは構造なんじゃないかと思う。

ターミナル21に関しては期待値が高過ぎて若干がっかりだったのだ、しかし「安っぽいなー」と思いながらその安っぽさを楽しむことはできたし、各階のトイレを全巡りするほどには興味深かった。

この続きをみるには

この続き:236文字/画像7枚
記事を購入する

ターミナル21 ~タイ・バンコクの「なんちゃって日本」なショッピングモール~

渋澤怜🏮🐃🦐ベトナムなう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すと、短歌を1首詠みます。 サポートされると4首詠みます。

さくらさく、とかいっちゃって(笑)富士の見えない富士見町だった
5

レイシブ袋とじ

noteの最後に「おまけ」的につける有料部分、あるいは記事が、読み放題になります。 「おまけ」は、1記事100円ですが、マガジンも同額の100円です。マガジン購入すれば、その月の「おまけ」が全部読めるようになるので、お得です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。