いざ、ベトナムへ

7月も後半に差し掛かったところでようやく夏らしい暑さに。
今日以降、気温がグッと上がるそうです。

そんな中、ベトナムに行ってきます。
初めてのベトナムは、ホーチミンとダナン。

今回は友達と3人で行ってきます。
Vlogメインの旅。

気温的にはタイと変わらないと思うので、東南アジア特有のあのムシムシとした暑さには慣れています。

唯一心配なことは、ベトナムドンの桁が多すぎて、会計に苦労しそう(

もっとみる

これも現実!ベトナム中部の海岸置屋街の実態

読者の皆様、こんにちは。

先日、以前から気になっていたベトナム中部の海岸置屋群へベトナム社会勉強のため視察に行ってまいりました。

ベトナム中部においてこれだけの規模で営業している置屋群は、この地方だけではないのかと感じております。

また、当然の事ながらこの場所、置屋故にここを訪れる男性達の目的は、この地で働く女性達とのセックスとなりますが、このセックスの料金も部屋代込みで、約690円(*本日

もっとみる

ベトナムでは「犬派?猫派?」と聞かれない ~ベトナム週1日記・1

ベトナムでは「犬派?猫派?」と聞かれない。犬が圧勝、というか、猫が土俵にすら登っていないからだ。

ベトナムでは猫の地位が低く、「放し飼いにしてねずみをとらせるもの」「名前もつけない」と、ペット以下の扱いをされることが多い。

いずれにせよ、ベトナムでは「犬派? 猫派?」というくだらない質問をされないのは素晴らしい。(どっちも可愛いし、そんなところに戦争を起こすな)

そんなベトナムで、私は猫を飼

もっとみる
何かあったら言ってねと言うのなら先に何かを言い当ててくれ
18

プロジェクトマネジメント X 異国から得るもの

1. 新たな視点を得る

自分が生まれ育っていない国で生活や仕事をすると、その国の人々と接する機会ができる。

その機会があると、その国の文化や国民性のざっくりとした特性が見えてくる。すると、自国の文化や国民性を見つめ直す機会ができる。

そうなると、自国と他国の2つを比較しはじめる。他国というのは、今お仕事をしていたり学校に通って現地の人と関わりがある国。

比較することによってそれぞれの国の特

もっとみる

カンボジア旅行記漫画9[ベンメリア]

こんにちは。ドゥルです。
だらだらしてたらうっかり3ヶ月ぶりになってしまいましたが、
今日はやっと3日目の、ベンメリアのレポをアップします。

体調の悪い私とスパイダーマンが描かれたトゥクトゥク
(撮影:さのさん)

石の一つ一つが巨大。それにしてもどんな角度から撮ってんだろう。
(撮影:さのさん)

ベンメリアの雰囲気はシェムリアップのどの遺跡にもない感じで、とても良かったです。
(撮影:ドゥル

もっとみる

なぜ副業専用アカウントでnoteをやっているのか

** プロフィール文**
 副業として、本業の会社の許可を取り、通訳、翻訳、多拠点居住アドバイザー、グルメ研究のお仕事をしています。 マレーシアのMM2H、エストニアのe-Residency保持者。国連英検B級、仏検3級、中検4級、インドネシア語検定D級。ウェブ解析士。GAIQ、Google広告(検索広告)認定資格取得。

1.「多拠点居住」の模索とマレーシアのMM2H

 以前から、「多拠点居

もっとみる