【募集】アラサー・ミニスカ・延命計画【服のリメイクできる人】


【なにこれ?】


「こんなのやりたい!」という、渋澤怜の企画案です。下記文章を読んで、
・ミニスカートのリメイクができる人
・写真と動画の撮影、編集できる人
・そのた協力者(宣伝協力者、ミニスカや布地をくれる人など…)
を募集しています! まずは、お読みください……

【概要】


アラサー・ミニスカ・延命計画(仮)は、「ライヴが出来る小説家」渋澤怜とデザイナーによるプロジェクトです。
「ミニスカートを履きたいが、アラサーになると人目を気にしてしまう」
「何歳になっても「イタい」と言われずに好きな服を着たい」
という思いを、服にします。
具体的方法としては、若い女性向けの市販品ミニスカートをデザイナーがミディアム/ロングスカートにリメイクし、30歳の渋澤怜にふさわしいステージ衣装に仕立て、渋澤怜がライヴします。


【コンセプト文】


「『ミニスカートの丈伸ばし専門店』が欲しいんだよな……」とずっと思っていた。


私は今30歳だが、20歳後半のある日、お気に入りのスカートを身につけた時、突然
「あ、この歳で、この丈、イタいわ」
と思う瞬間が訪れた。


1着がそうなってしまうと、あれよあれよという間に、雪崩のごとく、お気に入りのスカートが次々と「イタいわ」になっていき、ほどなくしてワードローブのスカートが全滅した。


胸と財布を痛めて買った、一枚一枚愛着の染み込んだお気に入りたちが、ある日、突然着られなくなる、それも、何者かの(自分の中の? 外の?)謎の力によって。「イタい」という、謎の基準によって。


そんな感傷は別にしても、いや、普通に、明日から履くスカートが無くて困る。何年もかけて集めたワードローブのスタメンはすぐに再結成できず、結構な骨を折った。


だから、「あなたのお気に入りのミニスカートのデザインはそのままに、丈だけをアラサー仕様に伸ばしてあげますよ」という、「ミニスカート丈伸ばし専門店」があればいいな、と、ずっと思っていた。
品質とセンスの良さが保証されたお店だったら、ちょっと高いお金を払っても、頼んでもいいなと思った。新たに長いスカートを探すより楽だから。


最近ようやく、往生際悪く持ち続けていたミニスカートの生き残りを、全て処分した。
長めのスカートもそれなりに買い足すことが出来た。

私はいま、ミニスカートを履きたいんだろうか?
いや、別に、そこまででもない、という気もする。
でも、あの20代の頃、会社帰りに伊勢丹新宿に何度も通い、DOLLY GIRL BY ANNA SUIやTo b. by agnès b.やJILLSTUARTのミニスカートやミニワンピを、見つめ、憧れ、狂ったように恋い焦がれ、1着3万とか4万とかするのに、平気で買い込んでいた、あの私のパッションは一体なんだったんだろうと思う。

「今しか着れない」と、少なくとも、気付いていたんだろうと思う。


別に、「イタいから」と言って、年相応のファッションに落ち着く人がいてもいい。
別に、「イタいけど」と言って、何歳になっても、若者が着る服を着続ける人がいたっていい。
でも、「イタいよな」と言って、他人の服装に後ろ指さす奴は、嫌いだ。


そんなことを考えながら、私はミニスカートを「延命」する。

渋澤怜



【というわけで、募集!】


夢物語を語ってしまいました!が!夢は口に出さないとかないません! というか、口に出せばすぐかないます笑
これを読んでくれて、協力してもいいかなー…と思った大変ありがたい方、とりあえずファボなりRTでシェア拡散おねがいします…!
ミニスカートのリメイクができる人、写真と動画の撮影編集できる人、服飾関係者、いらないスカートや材料を譲ってくれる……など、協力いただける方は!
下記をお読みいただき、「渋澤怜、アリだな。ちょっと協力してもいいかな」と思ったら、ぜひご連絡をお願いします‥!


【渋澤怜について】


こちら2本の記事をお読みください!
渋澤怜プロフィール・自己紹介

なんで東大卒なのにフリーター? 〜チャットレディ、水商売、出会い系サクラ…渋澤怜アルバイト遍歴とこれまでの人生~

【渋澤怜のライヴについて】
めちゃめちゃライヴ動画があるのですが、とりあえず観るならこの3本がおすすめです。
インターネットごめんね 

僕達の人生はデジタルではない

既成事実と渋澤怜 2017.9.5ライヴ@代々木ザーザズー


まあ超ウルトラスーパーざっくり言うと、私が発信するメッセージは
「人間を型にはめるな(でも型にはまりたがる自分もいるよね、そのほうが楽だし…)」
という、二律背反であり、今回のプロジェクトと完全に一致する……ということが、お分かりいただければ幸いです。


【スケジュール】


・11/2、11/10にフォトジェニックな感じのライヴがあるので、ここに間に合うと嬉しいです、が、とりあえず年内に完成できる方なら! それが難しくても応相談です。
・日程タイトですが、10/24~27にアー写撮影があります。ここに間に合えばなおありがたいです。(ただし、他所の会社のプロジェクトなので自分でポーズ決められなく、スカートがうつらない可能性も)

【そのた】


・リメイクしてくれる人は、複数名募集してます。ひとり1着でも、それ以上でも大丈夫です
・渋澤は昔のミニスカを全部捨ててしまったので、もらうorメルカリで買う予定です。「どんなスカートをリメイクするか」から相談しつつ、始められたらと思います。だいたい、数年前のわたしがリアルに着てた雰囲気のスカートでやりたいなとは思ってます(↓こんなかんじ)

・私は都内住みなのでできたら関東の方がありがたいですが、それ以外の方でも応相談です。ちなみに都内だと渋谷~新宿~中野あたりが出やすい場所に住んでます
・報酬ですが、少なくとも実費(材料費、交通費…)は出します。加えて、ライヴ物販にご自身の作品を置く、ライヴ集客のバックをもらう(ライブハウスは、例えば「集客してくれたらお客一人当たり500円を、ライヴハウスから出演者に払う(=バックする)よ」という仕組みです。だから「私の作った服を着た人がライヴするから、来て!」と言って集客してくれればその分のバックをお渡しします)、これを機に新たな仕事をゲットする……などの方法で儲けてもらいたいです。具体的に「◎万あげます!」と言えなく申し訳ないですが、なんとかウィンウィンになるようにしたいです。「渋澤怜の知名度を使って、私の作品の露出増やしてやるぜー」ととらえて下さる方だと大変ありがたいです。
・めっちゃでかい理想ですが、大森靖子×縷縷夢兎みたいになれれば最高ですね
・デザイナーの方は、ご自身が作った服(など)がみられるサイト(あれば)とともに、info@rayshibusawa.her.jp あるいはTwitter@RayShibusawa(DMでOK)までご連絡をお願いいたします!
・性は関係ないです! むしろ男性歓迎! その他の性も歓迎!
最終的には「何歳だろうが/性別がなんだろうがミニスカート履いていいに決まってる」「『○歳でミニスカートはイタイ』と後ろ指さす方が頭おかしい」と思われる世の中にしていきたいのですから、私は。


※最後に


トップ画像は、金子沙織さんに作成いただいた絵型です!https://egatasakusei.thebase.in/
私の愛読書でもある「バイトやめる学校」を読んで「かんたん絵型作成」というサービスを始めたそうです。「バイトやめる学校」をきっかけに知り合い、協力してもらいました。今回のプロジェクトにも携わってもらう予定!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すと、短歌を1首詠みます。 サポートされると4首詠みます。

「新聞に載れば翌日ゴミになる」「それなら僕はゴミ箱になろう」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。