ペイズリーはどこから来たのか【語りたくなるファッションの話】

AORTA

AORTA(アーオルタ)は、デザイナーの手仕事とインポートやヴィンテージのパーツを組み合わせる事で、まるで蚤の市でお気に入りのものを見つけた時のようにワクワクときめくアクセサリーを作っています。

www.aorta.jp

インスタグラムのフォローを宜しくお願いいたします!
https://www.instagram.com/aorta_official/

語りたくなるファッショ

もっとみる

《後編》 京都国立近代美術館 「ドレス・コード?ー着る人たちのゲーム」: 「装い」とは、何のために何を着る?

《前編》に続いて、京都国立近代美術館 「ドレス・コード?ー着る人たちのゲーム」の展示を紹介していきたい。

6. 教養は身につけなければならない?(Is it necessary to be artistically and culturally literate?)

筆者の専門とするルネサンス期イタリア(15-16世紀)は、ようやく画家や彫刻家などの職人が、芸術家としての地位を確立していくよう

もっとみる

《前編》 京都国立近代美術館 「ドレス・コード?ー着る人たちのゲーム」: 「装い」とは、何のために何を着る?

京都国立近代美術館にて特別展「ドレス・コード?ー着る人たちのゲーム」が開催中である。

極論を言えば、「衣・食・住」のうち、「衣」の部分が一番多様性を孕んでいると言える。

なぜならば、人は食べなければ生きていけないし、路上で寝ることもできるかもしれないが、健康で文化的な生活を送るためには、せめて屋根のついたところで眠り落ち着きたい。

ところが、「衣」については、全身「しまむら」で揃え数千円で済

もっとみる

「Kimono」で世界を驚かせたセレブは弁護士志望?

日本の伝統文化、着物。

世界のキモノ。

KIMONO。

最近世界中にこれが知られた。

アメリカのファッションモデルでテレビに出演したりしている人。

キム・カーダシアン・ウエストさん。

彼女は新しい補正下着のブランドを立ち上げた。

ファッションニュースだ。

しかしブランド名を「Kimono」にして商標登録までしようとした。

これでは日本のキモノも自由に名前が使いにくい。法的問題にな

もっとみる

「お洒落」の捉え方: 気持ちの装い

あの人お洒落だよね、って言われて、どうにも納得しきれない時がある。
言いたいこと*はわかる。
でも、「お洒落」ではない気がする。

「むしろあの人のファッションは、「似合っている」と言うべき」だと。
それは「お洒落」ではないと思ったのだ。
「お洒落」と「似合っている」という言葉の峻別が、かなり恣意的で、自分流の言葉遣いだとは思う。でも、あえて、分けて使って、そういうものの見方をしている。
「この装

もっとみる

生地は好きですか

最近、ベンベルグ®︎ラボの説明会をさせていただく機会を何度かいただき、
服飾専門学校へうかがうことがありました。​

どの学校へ行っても「ベンベルグ」を知っている人・聞いたことがある人は、集まっていただいた学生さんの中の5%未満でした。

ベンベルグ®︎とは?
ベンベルグ®︎は旭化成株式会社の再生セルロース繊維・キュプラのブランド名です。1931年の操業開始からずっと、宮崎県延岡市にある一つの工場

もっとみる

ハノイでPOP UP開催しました。

anteはじめてのハノイでのPOP UPを開催しました。

イベントには日頃お世話になっている方々や友人、SNSつながりの方々などがご来場くださり、とてもうれしかったです。

今回ハノイでPOP UPをしてみようと思ったのは、ハノイでも開催してほしいとお客様からお声をいただいたことがきっかけです。一人でもそう思ってくださる方がいるというのは本当にありがたい。そしてハノイでは製作がメインで実店舗があ

もっとみる

服飾アーティスト、ののやまあきさんの作品を見ました。

今日はののやまさんの作品を見に行きました。

刺さるような色遣い、守ってくれるような安心感のあるデザイン。とても素敵です。

大学で心理学を学ばれ、後に服飾の専門学校行かれ、現在はアーティスト活動の他にアイドルの衣装作りのお仕事をされているそうです。

服飾アーティストとしての作品では、「優しくて強い、誰かひとりを守ることのできるものを作りたい」という思いの元、作品を作られています。その作品を作る

もっとみる

はじめまして

【自己紹介】

はじめまして。やまうです。

このような形で自分の思いを言葉にするの初めてなので、気恥ずかしい気持ちでいっぱいですが、自分の考えを整理するという自己満と、少しでも私と同じような疑問を持った方に気付きを提供したいというちょっとした欲も含めて、勇気をもって書いていこうと思います。

【このnoteの目的と私の体験】

●目的

①知っているようで知らない洋服の裏側をまとめて、興味を持つ

もっとみる