remgoto / 後藤連平

建築メディア「アーキテクチャーフォト( https://goo.gl/NCpmxD )」編集長。組織・小規模事務所勤務を経て、独学でメディアを設立。実務を知り設計者の心情を理解した編集者。単著は『建築家のためのウェブ発信講義』( http://amzn.to/2nB4KOw
固定されたノート

remgoto / 後藤連平について

■著書
『建築家のためのウェブ発信講義』(学芸出版社)

建築関係者による書籍のレビュー。

■プロフィール
architecturephoto.net編集長。1979年静岡県磐田市生まれ。
2002年京都工芸繊維大学卒業、2004年同大学大学院修了。
組織系設計事務所勤務の後、2007年小規模設計事務所勤務の傍ら、architecturephoto.netを立ち上げる。現在architectur

もっとみる
大感謝です!!あなたに素晴らしい未来がありますように!!
14

お店の”入りにくさ”をデザインする事で経営が上手くいく。

今日は先日訪れたお店での経験からの気づきを皆さんと共有したいと思います。

足を運んだのはとあるカレー店。
局所的にカレー好きな建築家として知られている藤田雄介さんに「おいしいですよ!」と紹介されて訪問しました。

インターネットが大好きな私は、お店の場所と評判等を事前に勿論チェックしていました。

そこに書かれていたのは「客席は5席でしかも2席は立食形式」「並ぶ場所も店の外の指定の場所にて」「3

もっとみる

小さなビジネスで素早く得られる経験・実感・手法を、本業での発信にフィードバックする。

今日は、オンラインショップで販売している建築士向けのバッグを販売する際のエピソードから。

もっとみる

両極端の価値観を内包し新しい建築展の可能性を提示するーー中山英之による、TOTO・ギャラリー間での建築展「, and then」

中山英之さんの、TOTO・ギャラリー間での建築展「, and then」に行ってきましたのでレポートしたいと思います。

中山英之さんは、伊東豊雄建築設計事務所出身の建築家で、現在東京藝術大学准教授を務めておられます。実現した建物の数はそれほど多くはありませんが、そのひとつひとつに新しい試み、思想が込められており、建築家の世界の誰もがその活動に注目している、現在最も注目すべき日本人建築家の一人と言

もっとみる

建築家・菅原大輔さんが設計し運営も手掛ける調布の「FUJIMI LOUNGE」のレポート

建築家菅原大輔さんが設計し運営も手掛ける調布の「FUJIMI LOUNGE」を訪問しました。菅原さんの設計事務所が入居するビルの1階に開設されました。もちろん設計は菅原さん。

この施設は”地域のヒトとブンカをつなぐ「まちのリビング+カフェ」”と説明されています。

細長くパースの効く空間に書棚やカウンターを機能的に配置しかつ伸びやかな空間が実現しています。流石。

上記写真の奥に、カウンタースペ

もっとみる

篠崎弘之建築設計事務所による、東京・江東区の「門前仲町の集合住宅」、写真レポート

篠崎弘之建築設計事務所が設計した、東京・江東区の「門前仲町の集合住宅」を写真レポートします。

篠崎さんは、京都工芸繊維大学卒業後、東京藝術大学に進学。伊東豊雄建築設計事務所を経て自身の事務所を開設した建築家です(伊東事務所時代は「ぐりんぐりん」等を担当されていたと記憶しています)。

(前面道路より見る)

(前面道路より見る)

(正面より見る。)

(敷地内通路から見上げる。)

(共用部分

もっとみる