真面目を目的に据えるやり方はとてつもなく頭が悪い。

目的がずれていると、良いことでもマイナスに作用する場合がある。
その一つがこれ。
「真面目である」ということが目的になっている人の思考だ。

物事に真面目に取り組むのとは意味が違う。
真面目を目的に据えるということは、真面目な自分に酔っている状態とでも言おうか。


目的の相違から失敗した受験

受験勉強に例えて説明するね。

大学受験の時に「真面目である」事を目的にしたことで、私は受験を失敗した。勉強をしている自分に酔ってしまっていたんだ。


本来は、「大学に合格すること」を目的にするべき。
「真面目である」かどうかは、合否に干渉するものでなければどうでも良かったりする。
大学に合格するためには、たとえ走り書きで字が汚かろうが過去問を解きまくったり、「今更こんなの聞く?」と思われようがわからないことを先生に聞きまくったり、集中力を低下させないように夜はきちんと睡眠をとったり、合格するための行動をとるべきだよね。

なのに、私は「真面目である」事を目的に据えてしまった。
字が汚ければいちいち書き直したり、ノートを作り直したりすることに時間を費やした。
沢山の補習授業に積極的に参加したけど、受験とは関係ない教科も受けていた。
苦手な分野をすっ飛ばして、得意な分野だけたくさん勉強した。
徹夜も何回もした。

身になる勉強をしていなかったんだね。時間をかけたことで、やった気になっていた。
だって、目的は「真面目である」ことだったから、頑張っている自分、勉強をしている自分を演出できていれば満足していたんだと思う。
「合格すること」を目的とした努力とは質が違うわけだ。

大学受験は見事失敗。
希望の大学には行けなかった。


周りの友達からは、すごく不思議がられたよ。
「あんなに勉強してたのに、なんで~?」って。

受験は、結果がすべて。
受かるか落ちるか、どちらかでしかない。
いくら周りに頑張っているように見えても、結果が伴わなければまったく意味がない。

でも、ここでの私の目的はある意味達成されている。
「真面目である」を目的に据えてしまっていたから、「勉強しているスギタさん」は周りに刷り込まれているよね。目的達成。
「合格すること」を目的に据えていなかったから、合格するための努力ができていなかった。そのため、大学受験は失敗した。
当たり前の結果が返ってきただけなんだ。

受験が終ってから、私はぼんやりと目的の違いに気づいたんだと思う。
今ほど言語化はできなかったけれど、なんかすごく恥ずかしくなった記憶がある。
自分のやってきたこと、めちゃくちゃバカだなーって思った。
応援してくれた人に、見せかけの努力で応えようとしていたんだなって。

もっとなりふり構わずやればよかった。
もっと過去問を必死に解くことに時間を費やせばよかった。
もっと志望大学の受験対策をすればよかった。
どう見られるかとうか、どうでもよかった。
バカだと思われることを恐れずに、もっと先生に聞けばよかった!!!

もう後悔のオンパレードよ。


そのおかげで、大学生になった私は、勉強の仕方が真に理解できた。
私、大学の勉強は楽勝だったんだ。
授業を多少サボっても、成績は割と優秀だった。
「試験でいい点を取ること」を目的にできたから、努力の方向性を間違えなくなったんだね。
今となっては、大学受験はいい失敗経験だと思っている。


ビジネスこそ結果にフォーカスした目的を

さあさあ。
ここからが本番だよ。

今までの受験の話を、ビジネスに置き換えてみてほしいんだ。

頑張っているのに結果が出ません!!と嘆いているあなたに言っています。
それは、努力の方向性というか、据えている目的が違う可能性が非常に高い。
(もしくは、忍耐力が足りないか…。)


周りでこんな人を見かけるよ。

SNSにアップするために「必要ないかもしれない」と思いながら勉強会やセミナーに参加している人。
リサーチ〇〇時間やりました!って報告するために、ダラダラとパソコンの前に座っている人。
SNSのフォロワー数を獲得するために、リクエストを送りまくって承認しまくる運営をしている人。


何て言うのかな。
形にこだわりすぎるというか。
「ビジネス漬けの自分、カッコいいでしょ」って暗に示しているというか。


違うんだよね、目的が。
それでいくら頑張っても、結果は思わしくない。


ビジネスで求める結果って、利益を出すことだよね?
提供するサービスでお客様が喜び、お客様が増えて、対価が支払われ稼げること。
何時間パソコンにへばりついたかなんて関係ない。
何人フォロワーがいるかとか関係ない。
それで結果は出せていますか?というところに尽きる。



そもそもね、100万円稼ぎたいですと言っておきながら、100万円稼ぐための努力をしていない人が非常に多い。
駆け出し起業家あるあるかもしれない。
そのブログ、100万円稼ぐための対策を打ててる?
その勉強会、100万円稼ぐために必要なやつ?
そういうシビアな目が必要だ。

目的をちゃんと据えて、そのための努力をしているけど、ちょっとうまくいかない。
それは全然良いと思う。
対策を立てられるから。



「真面目である」を目的に据えてしまっている人は、あれだな。
残業時間が長い人が偉い、と考える古い体制の思考と似ていると感じている。
実際やっているし頑張っているけど、やった気になっている率の方が多いんじゃないかな。
これからは、そういう思考は破綻する。もう破綻しているかもね。


「真面目である」ことは、結果に干渉する程度で必要なだけであって、それ以外はどうでも良いって話。
「真面目である」にこだわる自分。そういう頭の悪いビジネスの進め方は、もうやめようよ。
自覚したとき、とてつもなく恥ずかしくなるのは目に見えているからさ。


目的は正確に。
本当に成し遂げたいことは何なのかにちゃんと照準を絞ろう。
そうすると、行動が変わる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると泣いて喜びます!! よろしくお願いいたします。 起業して3年。 山あり谷ありで谷が深く、2018年は西日本豪雨で甚大な被害を受けました。 被害の穴埋めや、復興が遅れている地域の仲間を助ける為に使います。

わーー!嬉しいです^^
8

スギタ

日常的ログ*エッセイチックなデイリーアウトプット*

特にテーマを決めずアウトプット用に。 日常的な記録として更新。 自分の時間が少しでも誰かの役に立てば嬉しいと思いつつ。 さくらももこさんに憧れて、学生時代にエッセイを書いて賞を頂きました。 それから書く事がスキです。 楽しんでいただけるようなマガジンの発行を続けます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。