名称未設定のデザイン-2

インターネットの距離とライブの話

インターネットが発達したことで起こりえた変化は数知れないが、そのうちの1つが「距離がなくなった」だと感じる。
いるでもどこでも誰とでも繋がるし、どこでも行けるし、なんでも見聞きできる。

スマホを開けば簡単に好きなアイドルにも会える時代なんだ。
便利だよね。

youtubeで簡単にいろんなエンタメに出会えるから、以前のようにライブに足を運ばなくても知り得ることができる。



ナマを舐めるな

だからこそ提唱したいことが「ナマで触れるエネルギー」の凄さだ。

僕の記事でこういう表現を使うと誤解されやすいのだが、これはライブの良さも味わって欲しいということ。

音楽、ダンス、マジック、スポーツ、お笑い、、、前述したように今はいろんなエンタメが簡単にyoutubeでチェックできるのだが、それで「わかった」と思うにはまだ早いんだよ。

「ただ見聞きしたこと」と「実際に味わったこと」の違いは想像の何倍もあり、これは実体験ではなく、体験したお客さんから「全然違う」リアクションを何百何千と貰っている。


これ知ってる

ネットやテレビで見聞きして、あたかも「知ってる」と思ってる方は本当に多い。

そして体感して見て
「え?こんなに音大きいの?」
と思うことは普通のことだ。

僕の友達に「プロレスは格闘技みたいにガチじゃないでしょ」と舐めてた友達も、いざ試合を見ると
「もっと軽くぶつかってると思ってた。あんなことして身体は大丈夫なの?迫力すげーし」なんて意見になったりした。

これは画面の中では確認できないよね。


熱量と無駄なこと

ライブで体感できる良さはバイブスなんだと思う。

こんな熱量で音楽やってるんだ。
こんな熱量で音楽聴いてるんだ。
こんなに大勢のスタッフがいるんだ。

こう感じれるだけで、もはやネットで学ぶより簡単に確実だから。

人の発する熱量に触れる機会は年々減ってきていて、人によってはこのまま熱量に触れない人生ってのもあるかも。
良い悪いじゃなく、そういう世界になってきた。
熱がなくても人が生活できるから。

ただ生きて行くだけなら、そんな熱量に触れることなんて無意味なんだよ。
極論、ライブに行くことは無駄なことなの。


もっと簡単に生きれる

昔は熱量がないと生活できなかったよね。
けど今はフリーターでも死なないし、困れば生活保護でも申請できるし、ネットで距離がなくなったぶんいくらでも簡単に生活できる。
生きて行くのが簡単になった。
さっき話したように、熱がなくても人が生活できる。

今後はさらに簡単に生きていけるようになる。

せっせと働かなくて良くなる。
働かないと暇になる。
なにやるの?今の人生から仕事抜いたら、普段なにやる?
そうなると、いま無駄なことがこれからは大切になる

これは極論だけど、もちろん間違っていないし、遠い未来の話でもない。

ボーッとしてても生きていける時代。
この熱がなくても人が生活できる時代に、わざわざ熱を体感しに行く人生が、今後は必要なスキルになる気がする。



ライブは絶対じゃない

ライブは聞き取りにくい。
お金もかかるし、興味のないことにも触れなければならない。
時間も拘束されるし勝手が悪すぎる。

僕が伝えたいのは「youtubeの音楽と生の音楽は違うよ」ってだけで、どちらかが優っている話ではないんだ。
もちろん好きな方に傾いていい。

最初に述べたように「ネットの発達で距離がなくなった」ことにより、簡単に物事がわかるようになった。
これは正しい未来の姿だし、今後はさらに進んで行くだろう。

だからこそ無駄なことの比重が大きくなって行くのだと思う。

簡単になんでも知れる時代だからこそ、手間のかかるライブを体感するのも有りなんじゃないかな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!僕も好きです!
3

ロッキーいしみね

芸人ですが、ノンフィクションにお化粧した恋愛のお話・モテる話・エンタメのことを書いてます。 芸人やMC・イベント制作をメインに活動してるエンタメ屋です。比較的モテます。

エンタメの話

エンタメ屋と名乗っているのです。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。