さっちゃん

文字を書きたい会社員。きょうも1日がんばったよ。最近更新できてないけど、また更新していこうかな http://twitter.com/rswk19

自分で正解を決めること

ものすごく久しぶりに更新。

社会人5年目となりました、26歳です。

20代前半まではなんとなく
若さで許される感があったけど
26歳って妙齢だよなあと思う。

大学卒業後、丸4年
私は何か成長できただろうか。

学生時代までは、これが価値が高いですよっていう
世間の規範があったように思う。

たとえば

小学校は運動ができれば一目置かれた

中学~高校は勉強ができ

もっとみる

その解釈は歪んでいるかしら?

お久しぶりです。

悪いことがあったときに「自分はなんてクズなやつだ」と責めるばかりで、解決策が浮かばない…。
恒常的にこれだったらつらいですね。
このような歪んだ解釈はどうして起こるのでしょうか?

「事実か、解釈か」の違いに関しては、以下だとおもいます。
-----------------------------------------
 ・100人いたら100人とも同じ答えになるものを事実

もっとみる

刺さる文章とは その2or3

前回のnote更新から
なんと2ヶ月半ほったらかしになっておりました。
仕事が忙しくて…なかなかおふとんから出れないのでした…。笑

いつのまにやら 世間では盆ホリディですね。

帰省する実家は電車で15分。

私も今日は実家に帰ってお墓参りをしたいと思います。

さて今回も文章のおはなし。

刺さる文章(心をわしづかみにする、精神的に人を殺せるetc)
とはいったいどんなものなのでしょうか。

もっとみる

自分にとってのごほうびとは

仕事や勉強をするときに
ごほうびがなく、ただただストイックに頑張りつつける…。

それで頑張り続けられる人はもはや「趣味」レベルで頑張れているのだろう。
その頑張りを続ける過程自体がご褒美…。
また「ごほうび」が食べ物やカバンの人もいる。

どちらにも当てはまらない人は、もしかしたら
「達成感」がごほうびになるのかもしれない。

そのためには、自分がどういうときに「達成感」を味わうかを知る必要があ

もっとみる

ボブのはなし

西洋系の外人から見たら、日本人と中国人は同じに見える。
ましてや、日本人と日本人の違いは分からないだろう。
同じように、私もグアムに旅立ったときに、現地の人が全員同じように見えた。便宜上、彼らをボブとしておく。

~ボブの定義~
日によく焼けて、お肉を沢山食べているからか、体格が良い。ふくよかである。髪の毛は短髪。場合によってはパーマ。
目の前を通りかかると、ポケモントレーナーのように積極的に話し

もっとみる