Fリーグを10年ぶりに観に行ってみて

大雪の可能性がニュースで報じられる中、駒沢セントラル開催のFリーグの試合を観に駒沢オリンピック公園まで足を運びました。

最寄駅を降りて、公園の中に入っても試合会場に辿り着くまで本当にここで合っているのかなと、不安になるぐらい人気はありませんでした。

ですがこの日はセントラル開催で4試合が次々に同会場で開催されていました。Fリーグファンにとっては同じ値段で4試合も見れる事から朝から訪れていた人が多かったのかもしれません。そのため名古屋オーシャンズの試合時間を目掛けて行った私たちは完全に出遅れ組だったのでしょう。

そしてFリーグの各チームのフラッグが掲げられている会場を目にして、近づくとその中から大声援と太鼓の応援が聞こえてきました。

それもそのはず、2月9日の昨日はアリーナ席が完売御礼。外の寒さとは裏腹に中は熱気に包まれていました。

そして中に入ると、まずはスポンサー企業から嬉しいお出迎え。寒さを一瞬で温めてくれるお茶の提供が伊藤園から。これは地味に有難いやつですね。そしてイベントではお馴染み顔パネル。ゴールを決められるキーパーに顔を嵌めるとはなんとも皮肉ですが。笑

そして会場では席を最初見つけるのに苦労するぐらいの入り。ひとまず上の方の空いている席を確保。ひとまず会場の雰囲気を味わい、試合を観戦した後にハーフタイム前に会場を物色。

スペースの関係上から入り口付近では物販の販売、そして当日券チケット受付のみでした。ですが裏通路の方に向かっていくと何やら面白そうな取り組みが。

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣氏が届ける新感覚コンサルティング・リアリティーショーを事業とする株式会社ニシノコンサルとの取り組み。昨年の11月に立川・府中アスレチックFCに所属するフットサル日本代表の皆本晃選手が出演した事からFリーグと色んなコラボが実現しています。Fリーグの試合はニシノコンサルが放送されているAbemaTVでも中継されています。

さらにはFリーグ通算11,111メモリアルゴールをファンに予想してもらう取り組みも。

そしてFリーグブースという箇所にはペスカドーラ町田ファンクラブに所属する方々がポイントチャージを出来る場も。各チームが統一して行っておらず、逆にやっているチームがここでは目立ちました。

そして席に戻ると、試合はハーフタイム。今度は少年少女達によるキックターゲットチャレンジが行われていました。全部仕留めた子供達には公式球のプレゼント。

試合の方は何度かご一緒させて頂いている星翔太選手のプレーを!と思っていたのですが残念ながら欠場。ですがチャンスをもらった若手選手が躍動。特に背番号「27」の新田駿選手のスピード溢れるプレーでの得点は魅了されました。身長163cm、56kgという小柄な体型ながら相手をすり抜けていくプレーは見ていて面白かったです。

最後は両軍が観客に対して、何度もお辞儀をしている姿が非常に印象的でした。もういいよ!と思うぐらい会場のどの方面に向かってもしていました。対戦チームの湘南ベルマーレも相手応援団に対しても感謝の気持ちを。

さてFリーグを生で見たのは記憶を辿ってみると、創設直後に行った大阪シュライカーのホームゲーム以来で実に10年ぶり近かったと思います。ですがフットサル自体は2012年FIFAフットサルW杯を現地で観戦した以来でした。当時は三浦和良選手の参戦で話題になった事を記憶している方もいるかもしれません。ちょうど野球シーズンを終えて帰国していたのですが、友人とタイに行くことを決めて、観戦兼観光で行く事にしました。懐かしい写真も出てきました。

個人的には久しぶりのフットサル、そしてFリーグを観戦させていただき展開の速さや全体を俯瞰して見やすい事から非常に楽しめました。更には予想以上の激しさのある試合でした。両チームの因縁などの背景は存じ上げませんが、こんなにも激しいものなのかと驚きました。

今回は星選手のプレーをみることが出来ませんでしたので、次回は出場する試合にも足を運びたいと思います。名古屋在住の方は2月23日、24日では武田デバオーシャンアリーナでプレーオフの試合が開催されますのでぜひ観に行ってみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

新川 諒

【英語×スポーツで海外との架け橋に】「海外との仕事、日本での外国人サポートします」フリーランスとしてスポーツ関係を中心に活動してます。

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。