アベをヤジって、それから

12
ノート

「ヤジ排除」シンポやります(最近の記事なども)

タイトルの通りです。10/22、札幌市内にて。詳細はこちら↓

上のサムネイル画像は、9/25放送のHBC「今日ドキッ!」より。道警ヤジ排除について特集していたときのもの。

その他、最近の記事など

北海道)首相への抗議で道警から干渉受けた例、計6人か(朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASMBB4HGKMBBIIPE00M.html

迷惑について(1)

ハフポストに僕のインタビューというか、コメントが載った。もちろん(?)内容は、例のヤジ排除の話だけど、ここでのテーマは、他のメディアとは違って、日本社会に死ぬほど浸透している「迷惑」の概念が、いかに僕たちの自由な表現を奪っているか、という話。身体感覚レベルでの不自由が当然視されることが、結果として政治的な表現の自由にも悪影響を及ぼす、ということを話したつもりだけど、それがどれだけうまく伝わっている

もっとみる

「いること」と生産性(東畑開人『居るのはつらいよ』レビュー)

僕は、一応ソーシャルワーカーのはしくれなので、そのような仕事の関連本として東畑開人『居るのはつらいよ』(2019、医学書院)を読んだ。ここ一ヶ月ほど、ずっとヤジ排除のことで取材対応したり、デモの準備などをしてきたが、それらとは無関係なこの本を読んで気分転換できたことは、心の救いであった。
 しかし、なぜかそれまで考えていたことと似たような話(つまり、日本社会における不自由の話)に合流したのではない

もっとみる

プラカードを持参しただけで警察に包囲されたおばあさんの話

2019年7月15日、札幌三越前で「安倍首相に年金問題の不安を訴えようとして阻止されたおばあさん」に、最近お話を伺った(「おばあさん」と呼ぶのはちょっと変な感じもするが、「どんなふうに紹介したらいいですか?」とご本人に尋ねたところ、「いちおばあさん(笑)」と返ってきたのでそうする)
 おばあさんは「私なんか軟弱者で…抵抗もしなかったし、ヤジったわけでもないし…」と謙遜しながらも、次のように語ってく

もっとみる
62

ヤジ排除についてのもう一つの証言

デモも近づく8月7日。8月10日の実施に向けて、絶賛準備中。
 参加者も募集している状況。詳細はこちらをどうぞ↓

 さて、これまで僕の文章も含めて、ヤジ排除について3つの証言を載せてきたが、ここでもう一つ追加で、文章を紹介したい。

 以前、「ヤバいおじさん」の話でも出てきたC氏こと、桐島さと子の文章である。おそらく、これまで紹介してきたものの中で、もっとも「ゴリッ」としている内容と思われるが、

もっとみる

ヤジ排除に対しての抗議デモ、やります!(詳細あり)

参議院議員選挙期間中である7月15日に北海道札幌市で起こった、ヤジ・プラカード強制排除事件に関する抗議として、2019年8月10日(土)「ヤジも言えないこんな世の中じゃ…デモ」と題したデモ行進を、札幌市内中心部にて行います。主催は、ヤジポイ実行委員会です(??!)

デモの集合時間・場所

 開催日時:2019年8月10日(土)16:30~
     (16:30から集会、17:00からデモ行進)

もっとみる
29

ヤジも言えないこんな世の中じゃ…デモ!やります

まだまだヤジの話の続報。

 選挙が終わって数日が経ったが、僕たちが強制排除された件について、北海道警は「トラブル防止のため」「調査中」以上のことを発表していない。つい最近、国家公安委員長が見解を発表したが、内容は「トラブル防止のため」。要するに道警のコピペで、中身がなさすぎる。公安委員会は、警察の業務についても監視・監督してるんじゃなかったのか。

 警察のような古いタイプの組織は、「謝ったら死

もっとみる

安倍晋三にヤジを飛ばさなかった友人の話

僕が安倍晋三へヤジを飛ばした日、現場に一緒に行った仲間の中で、もっとも直接行動から縁遠い友人の文章を公開します。彼とはもう十年近い関わりがあるけど、スタンスの違いはありつつも交流を続けている、という感じ。

 記述の中には、ちょっと補足したいような気持ちに駆られる部分もあるのだけど笑、「政治には強い関心があるけど、直接行動には抵抗もある」という非常にリアルな内容の文章に共感する人はきっと多いと思う

もっとみる

ヤジを飛ばしたもう1人の証言

アベによる演説の現場でヤジを飛ばし、警察によって排除・拘束された別の友人(女性)は、僕よりも長い時間、警察に身体的自由を奪われていた様子であった(両腕を女性警官に押さえられたまま移動したり足止めを食らっていたらしい)。彼女がその時の出来事を文章にしてまとめたので、ぜひ読んでみてほしい。

 文章のスタイル含めて、僕とはだいぶ異なるが、これを読むことで、当日の出来事がより立体的に見えるのではないかと

もっとみる

【7/21追記】ヤジの現場に現れたやばいおじさん(wanted)

「アベやめろヤジ」の現場についての記事は、思った以上の反響があり、正直なところ驚いている。民主主義国家を標榜する日本が、あのようなことになっていることに、みんな新鮮な驚きを感じたということなのだろうなと思った。もちろん、アベ政権になる前から、警察というのはひどい組織であると相場が決まっている。しかし、アベ政権が何年も続くことで、より癒着が進み、自民党の私兵のようになってきているのかもしれないと思う

もっとみる
49